ダラムサラ〜レー〜マナリ間のラダック移動まとめ

どうも、ひでです。

この記事はマナリにて書いてます。

ラダックの旅も無事終えたということで、

ラダックの移動についてまとめようと思います。

image

自分はダラムサラ〜ジャンムー〜シュリナガル〜カルギル〜

ラマユル〜レーといった具合で移動してきました。

マナリロードのみの一方方向でではなく、

シュリナガル〜レー〜マナリとぐるっと周ってたので、

レーに行くのはマナリからか、

シュリナガルからかどっちのほうが

良いのかについても触れようと思います。


①ダラムサラ〜ジャンムー

移動手段:バス
費用:220ルピー
時間:約5時間
出発時刻:9時40分

ジャンムーへはダラムサラのバスターミナルから毎朝バスが出ている。

ジャンムーまでは道も平坦で、特に問題なく着けた。

ダラムサラからジャンムーへはバス1択かなと。

②ジャンムー〜シュリナガル

移動手段:乗り合いタクシー
費用:750ルピー
時間:約10時間
出発時刻:夕方

ダラムサラからジャンムーに着いたその日にシュリナガル行きの

乗り合いタクシーでシュリナガルへ出発。

ジャンムーに着いたのは昼の15時過ぎとかだったけど、

その時間帯でもシュリナガル行きの乗り合いタクシーやバスは

いくつかあると思う。

バスに関しては詳しくは分からないけど、

乗り合いタクシーはドライバーと直接値段交渉する。

乗り合いタクシーは700ルピー前後が相場だと思う。

③シュリナガル〜カルギル

移動手段:バス
費用:490ルピー
時間:約12時間
出発時刻:8時前後

シュリナガル〜カルギルまで来るとラダックに入ることもあり、

標高も高い場所を走りそれに伴って景色もだんだんと変わってくる。

道も今までとは比にならないくらい悪い道路になって、

しかもドライバーの悪いマナーのせいでところどころ渋滞が起きる。

自分は12時間で着いたけど、遅い人はもっとかかったと聞いたので

この区間に関しては大幅な遅れも頭に入れておくべき。

あとシュリナガルのチケット売り場はなかなかカオスな状況で

チケットを買うのもかなり時間がかかる。

ちなみにシュリナガル〜レーまでの

直行タクシーだと2100ルピーかかる。

どのくらいの時間で行けるかは不明。

④カルギル〜ラマユル

移動手段:バス
費用:400ルピー
時間:約5時間
出発時刻:5時or6時

カルギルからのバスは基本的にレー行きのバスのみで、

ラマユルへは途中下車という形になる。

ラマユルはカルギルとレーのほぼ中間地点にあるにもかかわらず

レー行きでもラマユル行きでも共に400ルピーという値段設定。

なのでラマユルで特に用事のない人はカルギルからレーへ

直接行ったほうが良いかなと。

カルギルでは乗り合いタクシーも多くあるけど、

値段的にはバスの倍はするので、無難にバスで良いかなと思う。

カルギル〜ラマユル間は山間の道を進むのでグネグネとした道を行くけど、

それほどの悪路は通らないのでバスでも大丈夫。

⑤ラマユル〜レー

移動手段:タクシー
費用:250ルピー
時間:約4時間
出発時刻:午前中

ラマユルにはレー行きのバスが毎朝9時前後に通るけど、

それには満員すぎて乗れなかったので、

タクシーを捕まえなければならなくなった。

ラマユルにはタクシーはほとんど停まってないので、

通りすがりのタクシーをヒッチハイクして値段交渉するしかない。

ラマユルからレーのバスが200ルピーで、

タクシーは250ルピー前後かなと。

ラマユル〜レー間は舗装された道がほとんどなのでいたって快適。

⑥レー〜マナリ

移動手段:乗り合いタクシー
費用:2000ルピー
時間:約22時間
出発時刻:夜中の1時

この区間がまさしくラスボス。

このラダックの旅の移動で一番ハードだった。

まあそれもそのはず、車で22時間移動とか長すぎるでしょ。

道はところどころ雪が積もってたり、氷がはってたり

なかなかの危ない場所を走る。

レーからマナリへの乗り合いバンは

2000ルピーから2500ルピーの間が相場。

自分が移動した時期はまだマナリロードのバスが

開通してなかったので、シェアタクシーの1択。


レーへはシュリナガルかマナリ、どっちから行くのがいいのか?

結論から先に言うと、

ゆっくり時間をかけていくのであればシュリナガルから、

一気にレーまで行きたいというのであれば

マナリから向かうことをオススメします。

マナリからであればレーまで1日、

バスで途中で宿泊しながらでも2日で行けますが

シュリナガル経由だと最低2日はかかります。

さらにダラムサラからレーまでだと3日、4日はかかってしまいます。

自分は道的にもシュリナガル経由の方が綺麗だなと感じましたが、

マナリロードもなかなかの景色でした。

一番の理想は、両方の道を通ってくるということですが、

時間のない方はマナリからレーへ向かって、またレーから

マナリロードを通って帰ってくるということになると思います。

ラダックまでの移動は多少ハードですが、

ラダックは多少日数かかっても間違いなく行く価値のある場所です。

上の情報が少しでも役に立てばなと思います。

では!

ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。