完全なる未知の国ブルンジへ

2015年3月11日から約1年の世界一周の旅へ。
日本→中国→ベトナム→タイ→ラオス→インド→ネパール→インド→UAE→イラン→UAE→タンザニア→ルワンダ→ブルンジ→タンザニア

どうも、ひでです。

この記事はブルンジの首都ブジュンブラにて書いています、


なんとかルワンダからブルンジまで移動してくることが出来ました。

やはり陸路での国境越えは何かと問題が多いですね。

今回の国境越えでもプチトラブルがいくつかありました。

ルワンダのフイエからバスに乗ろうと

朝の8時にバスターミナルへ行ってチケットを買おうとしたら、

まさかの満員続きで買えるのが12時発のチケット。

前々日にスタッフに聞いたらブジュンブラまでは

1時間毎にバスがあるから別に予約しなくても

全然大丈夫風なことを言っていたのに、まさかのこの結末。

フイエからブルンジの首都ブジュンブラまでは

早くても4時間はかかるみたいで、万が一到着が遅くなって

治安が悪いと噂のブルンジに夜着くのだけは何としても避けたい。

とりあえず12時のチケットを6000フランで購入して、

スタッフにお願いしてキャンセルの出たバスがあれば

それに乗せてもらえるようにお願いしときました。

その結果バスに乗れたのが11時。

まあ1時間の差とはいえ地味にでかいです。

ただ乗ったバスはトヨタの中型バスでもう見るからに荷物パンパン。

IMG_20150819_111346ルワンダのバスはほとんどこの中型バスで、荷物を収容する場所が

大型バスと違ってないので、荷物が多いとこんな風になってしまいます。

まあ早く乗れただけで良しとします。


国境へは出発から1時間ほどで着きました。

ルワンダ側は若干混んでいて出国スタンプ貰うのに

30分ぐらいかかりました。

徒歩で橋を越えた先にはブルンジの入管が。

ここは案外すんなりでした。

3日のみ有効のトランジットビザを40ドル払って取得。

てっきりシールみたいなのはられるのかと思いきや、入国スタンプのみ。

入管を通れば同じバスが待ってくれているのでそれに乗るだけ。

今回のバスにはルワンダ人、ブルンジ人以外外国人は自分だけだったので

ビザ取得に時間がかかると置いてかれないか心配してましたが、

それは大丈夫でした。

この国境を早く抜けるにはいかにルワンダ側で

前に並べるかにかかっていると思います。

あとブルンジに入るといきなり物乞いの数が一気に増えるので

バスに乗る際は注意が必要です。


ルワンダを抜けてブジュンブラまで順調に行くかなと思っていましたが、

そうはいかないのがアフリカ。

アフリカの非効率な管理体制をまざまざと目にしました。

ブルンジでは今年の5月に大統領選挙を巡ってクーデター未遂が起き、

そのせいかブジュンブラまでの道中に荷物、IDチェックが頻繁にありました。

4,5回はそのせいで停車してたんじゃないかな。

先にも述べたように自分が乗っているバスは荷物が満載。

ポリスチェックの際は荷物をすべて外に出して、

武器などを持っていないかチェックしていました、

でまた荷物を車内に積んで出発して10分も経たないうちにまた

ポリスチェックです。

なんなんだこの連携のとれてなさ、意味があるのかわからない検査は。

中国の東チベットの公安チェックを思い出しましたね。

先ほど積んだ荷物をまた外に出して中身をチェック。

そのチェックも金属探知機とか使うわけでもなく、

すべて手作業による確認。

IMG_20150819_152927

荷物を全部チェックするのかと思いきや、いくつかの荷物のみチェック。

ちなみに自分のバックパックは全くチェックすらされてませんでした。

まあ何もないから良いんですけど、なんだか適当なんですよね。

俺は日本人だから銃とか持ってないから安心してと言ったら

それでチェック終了ですからね。

いやわかりますよ、ブルンジは政情が不安定やから

少しでも危険の芽を事前に潰そうというのは。

ただね、同じ検査をわずか2時間ちょいの道のりで何回もするのは

さすがにどうかと思いますし、やるならやるでもう少し

きちんと連携して効率よくやりましょうよと。

何もなければ2時間の道のりなのに、この度重なる検査のおかげで

1時間は余計にかかりましたからね。

ブルンジの入り口とブジュンブラ到着時の2回だけでも良いですし、

探知機を導入するとかね。

ポリスにもう少し良いやり方あるんじゃなかなと言っても

いやこれが俺らの仕事だからの一点張り。

まあでもブルンジらしくて良いかなと変に納得して、

3回目にはもう慣れてしまいましたが。

そんな若干ストレスのたまる道中の癒しやったのは

隣に座ってたブルンジの子供。

アフリカの赤ん坊は自分を見たらボロ泣きして全然なつかないけど、

この子はめちゃ懐いてくれました。

IMG_20150819_163521 IMG_20150819_160819

変顔したりして遊んでました。


なんとかブジュンブラに着いて、バスで隣やったおばちゃんが

わざわざ安いホテルまで連れて行ってくれました。

IMG_20150819_171559 おばちゃん言いましたけどもしかしたら同い年くらいかも。

アフリカの男性も女性も見た目と年齢が一致しないことばかりなのでね。

ブルンジ人思っていたよりかなり優しい気がします。

外務省に安全情報で渡航は延期してくださいと出てて、

懸念していた治安の方も思っていたほど

悪くはないかなといった印象です。

image

すいませんこんな状況なのにのこのこ入国してしまって。

もちろんルワンダと比べたら断然注意が必要ですし、

夜の1人歩きはやめといた方が良いです。

トランジットビザは3日間のみの滞在なので、

初日は移動で終わって、最終日は朝からタンザニアに向けて移動なので

実質自由日は中日の1日しかないので、

果たして他に書くネタがあるのかは疑問ですが、

とりあえず街をぶらぶらしてみようかなと思います。

では!

ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。