第二次世界大戦時の激戦地ワルシャワを巡る

2015年3月11日から約1年の世界一周の旅へ。
日本→中国→ベトナム→タイ→ラオス→インド→ネパール→インド→UAE→イラン→UAE→タンザニア→ルワンダ→ブルンジ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→レソト→トルコ→ブルガリア→マケドニア→セルビア→コソボ→セルビア→ハンガリー→スロバキア→ポーランド

どうも、ひでです。

この記事はポーランドのワルシャワにて書いています。

ポーランドのクラクフからワルシャワへもヒッチハイクで。

ただポーランドでのヒッチハイクが予想以上に困難で、

初っ端のクラクフから2時間ぐらい待つ羽目に。

せっかく捕まった車は途中までしか行かないとのことで、

高速で降りてヒッチハイク再開。

ただ高速でのヒッチハイクはめちゃくちゃ寒いわ、

すぐ近くを車がかなりのスピードで通過するわで

なかなか厳しい。

しばらく続けてると警察車が止まり、

ポーランドでは高速道路でのヒッチハイクは

禁止されてるらしきことを言われ、

何故かヒッチハイクが出来るポイントまで

連れてってくれるという親切な対応。

そこでは10分も待たないうちにワルシャワ行きの車が捕まって、

ほんと警察さまさま。


ワルシャワには合計3日間の滞在。

ここワルシャワは第二次世界大戦時にナチスなどによる攻撃で

中心地の80%以上が焼け野原になった場所。

焼け野原と聞いて日本の東京大空襲を思い浮かべたけども、

ヨーロッパでも同じような状況になっていたとは知らなかった。

今ではワルシャワの街は東京と同じように

戦争の影響自体は見る影もないけども、

その影響でワルシャワには

第二次世界大戦関連の博物館が多く存在する。

ワルシャワまでのヒッチハイクの時に

運転手からワルシャワ蜂起博物館はぜひ行って欲しいと言われ、

最初にこのWarsar Uprising Museumへ行くことに。

IMG_20151113_132311

ワルシャワ蜂起とは第二次世界大戦末期にナチスの占領に対して

ポーランド兵士・国民が起こした武装蜂起。

IMG_20151113_123547IMG_20151113_125321

博物館で1番衝撃的だったのが、やはり戦後の焼け野原状態である

ワルシャワの街。

今のワルシャワの街並みからは到底想像できず、

ただただ衝撃だった。

IMG_20151113_125434

ただ全体的に見ると、

自分の勉強不足のせいかあまり理解することができず

消化不良のまま終了。

ワルシャワの街にはワルシャワ蜂起のモニュメントもあったりする。

IMG_20151113_150053IMG_20151113_144821

そのあとは事前に友人に紹介してもらった

ワルシャワで日本語学校を経営する方と一緒に

ワルシャワの旧市街を観光。

ワルシャワの旧市街は今まで見てきた東欧の旧市街の中でも

かなり雰囲気のある街並みで街歩きはかなり面白い。

IMG_20151113_143752IMG_20151113_143141_1IMG_20151113_144441IMG_20151113_144825IMG_20151113_144946IMG_20151113_144954

世界遺産に登録されている旧市街
世界遺産に登録されている旧市街

IMG_20151113_145210

そのあとはノーベル物理学賞と化学賞を受賞した

キュリー夫人の生家へ行ったり

IMG_20151113_145524

(残念ながら工事中やったけども)

ショパンの教会へ行って、ショパンの心臓を見に行ってみたり。

IMG_20151113_155003IMG_20151113_153139IMG_20151113_153032


翌日にはヨーロッパの街ではお馴染みのフリーツアーに参加して

また旧市街をゆっくり回ってみたりして、

IMG_20151113_152147IMG_20151113_152112

思いのほかワルシャワを楽しむことが出来た。

ポーランドは歴史的に見どころは多いし、

黒海に面した街や、山あいの街、ワルシャワやクラクフなど

色んな場所を楽しむことができるから、

今度はきちんとゆっくりまわりたいなと思わせてくれる場所だった。

では!

ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。