日本人は残業好き!? ~香港人の働き方からみる日本人の残業文化~

LINEで送る
Pocket

思うんですけど、日本の労働環境って
なかなか劣悪ですよね。
給料に関しては、先進国の中でもまずまずの
ランクに位置しているとは思いますが、
労働環境に関しては…
なかなか日本独自の異常な労働環境が
存在する気がしますね。
 
長時間に及ぶ残業時間
サービス残業
残業を奨励する風潮
年功序列制度(崩壊しつつありますが)
有給休暇の消化率の低さ
育児休暇制度の欠陥
などなど日本特有のものが多いですね
 
では、実際に日本の残業時間は世界的に見て
多いのかと言われると、
年間実労働時間の国際比較(1960年~2012年)
を見てみると、一見日本の残業時間は
短いように見えます。
ただ、このグラフには日本特有のサービス残業の
時間は含まれていないでしょう。
もちろん、他の国にもそういった類のものは
あるかもしれませんが、
日本ほどではないでしょう。
それを含めると、
日本は韓国と同レベルになると思います。
 
それに日本の会社では、残業はいいことと
捉えられていることが少なからずあり、
他の人が働いている中で、
雰囲気的に定時に帰る事ができず、
みんなが帰るまで時間を潰している
という話も聞いたことがあります。
 
なかなかクレイジーですね、
 
はたまた、
香港の労働環境はどうなのかというと、
かなり快適ですね。
もう不快指数65~70ぐらいですよ。
素晴らしい。
 
というのも、あくまで自分の会社での話ですが
香港の従業員は基本的に残業しませんね。
しても15~30分ぐらいのみ。
もちろんそれまでに仕事は片付けていきます。
うちのローカル社員なんか、
自分たち日本人が残業していこう
もんなら、一緒に帰りますよ!と私達に
声掛けてくるまでです。
 
私は香港と日本の職場しか経験したことが
ありませんが、香港は日本より断然、
家族や友人との時間を大切にしているように
感じますね。
素晴らしい。
では!Stay Curious!
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。