なぜ世界一周で多くの旅行者は中国を避けるのか?

image

どうも、ひでです。

現在は中国の成都に滞在しており、

今日には東チベットの入り口とも呼ばれる

康定(Kang Ding)というところに向かいます。

成都に滞在しているゲストハウスに東チベットマスターの

日本人が運良くいたので色々と話を聞いているのですが、

どうやら今の時期は2008年に起きたチベット暴動の

時期と若干被っているため、いつも以上に

中国共産党の検閲が厳しくなることから、

東チベットではインターネットが全く使えないみたいです。

なので今のうちにしっかり情報収集しておかないと

後々まずいことになる気がします。


東チベットのことは後々書くといて、

今回はタイトルの通り、多くの世界一周者が中国に

あまり行かない、中国を避けたがる理由について

検証しようと思います。

確かに世界一周者のブログを見ていると、

いくらかの人は中国も旅しているのですが、

世界一周中の定番の国である、インドやタイなどと

比べるとかなり少ないように思います。

そこでなぜなのか考えてみました。

個人的に中国を避ける理由は3つあると思います。

①反日感情

中国と聞くとまずこれを思い出す人が多いのではないでしょうか。

現在は落ち着いたとは言え、

以前のデモがあった頃の印象が完全には

拭いきれていないように思います。

あくまで自分が深圳に住んだり、

色々な都市を旅してみた印象ですが

個人間では反日感情はほとんど感じることはありません。

特に都市部では日本人だからどうだとかというのは

全くないと思います。

歴史的に日本がなんらかの事件を起こした都市の場合は

そういった感情はまだ残っているかもしれませんが、

基本的にみんな優しいです。

下手したら日本人よりも優しいかもしれません。

②ビザ

これが旅をする中で一番厄介かもしれません。

日本人であれば中国には15日以内なら

ノービザで入国・観光することができます。

ただそこは広大な土地を誇る中国。

都市部を周るだけであれば15日でも十分かもしれませんが、

自分のように東チベットだったり、新疆ウイグル自治区、

内陸地へ行く場合などは、

15日では足りず30日ビザを取る必要が出てきます。

自分は日本で代行取得したわけですが、

中国の観光ビザは代行申請のみ!?

中国のビザを申請する際には、

往復航空券や宿泊証明書なるものの提出が必要と 

書かれています。

自分はワールドツアーズという会社にお願いしたわけですが、

その会社でお願いした場合、そういった書類は特に必要とは

言われなかったので、すんなり取得することができました、

ただ、これはあくまで自分のケースなので、

必要となってくるケースも出てくるかもしれません。

自分が言いたいのは、きちんとした代行会社を選べば

中国の観光ビザの取得は難しくないということです。

自分もまだまだ観光できていないですが、

中国にはかなりの数の観光地があるので、

できれば時間をかけて周りたいものです。

③言葉の壁

これは現在進行形で自分も痛感していることですが、

中国ではびっくりするほど英語が通じません。

これは日本にも言えるかもしれませんが。

ほんの少しの中国語が話せるとはいえ、

まだまともに会話すらできないのでかなりきつい状況です。

ただ、幸いなことに違いはあるものの中国語も日本語も

漢字を使用しているので、日本人であれば

中国語を見てなんとなくイメージできると思います。

これが他の外国人からしたら言葉も通じないし、

文字も全然わからないわでホント悲惨だなと思います。

こればっかりは上に挙げた2つの理由とは違って

どうすることもできません。

スマホの翻訳アプリとかを利用するのも手ですが、

物足りないのが現実です。


さて、ここまで中国に旅人があまり行かない理由を

挙げてきましたが、③を除けばそこまで

中国はハードルが高くないと思います。

ただ、言葉の壁がかなりでかいのも確かですが。

それでも自分は中国をオススメします。

それだけオモシロイと思いますもん。

是非中国も世界一周、旅行の選択肢に

入れてもらえたらなと思います。

では! Stay Curious!

ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。