ワーホリからの世界一周の流れは案外ベタなのかもしれない

LINEで送る
Pocket

かくいう自分も現在ワーホリ中で、来年の春頃にワーホリを終えて

世界一周に旅立つ予定です。

当ブログはブログランキングに参加しているわけですが、

ワーホリのカテゴリで見てみると、意外に

ワーホリ→世界一周という人が多いことに気づきました。

少し見てみると、ワーホリランキング50位以内の中に

そのあと世界一周にいくと書いている方は、

5名ほどいます。

たった5名かと思う方もいるかと思いますが、

そもそも世界一周に行く人など、最近は少し増えて来ている

かもしれませんが、それでも日本ではかなり

少数派だと思います。

そう考えると、50人中5名でも十分多いのではないかと思います。

 

そもそもなぜいきなり世界一周ではなく、ワーホリを経てから

世界一周に行くのでしょうか。

その理由は主に2つあるのではないかと思います。

1つ目は、やはり世界一周の貯金の為。

オーストラリア以外のワーホリの国での事情は

分かりませんが、オーストラリアでのワーホリは一般的に

稼げる、貯金が多くできると考えられています。

自分もそう考えた上で、オーストラリアに決めました。

もちろんオーストラリアでは稼げるという話は

間違いではないと思います。

物価が馬鹿みたいに高いオーストラリアではそれなりの

節約をしないとお金なんてすぐなくなってしまうことも

間違いではありません。

別にわざわざオーストラリアに行かなくても、日本で実家ぐらしで

バイトでもするか、今の仕事をしながら

お金を貯めれば良いという意見もありますが、

どうせなら貯金+αの経験をしたいという人が多いのでは

ないでしょうか。

 

2つ目は、英語力の向上の為。

世界一周するとなると、どうしても世界共通語である英語の

習得は不可欠となります。

たまに、全く英語が喋れない中で出発する方がいますが、

もちろん英語が出来た方が旅を楽しむ事ができると思います。

旅をしていると間違いなくトラブルに巻き込まれることでしょう。

そんなとき、英語できちんと交渉、意見出来た方が

良いに決まっています。

 

ただ、反対にワーホリ後に世界一周をするにあたって

デメリットもあります。

それは世界一周の期間に加えて、ワーホリでの1年間もしくは2年間

という期間を、日本のキャリアという観点からみると

無駄にしてしまう可能性があるということです。

ワーホリ、世界一周後に明確なキャリアが描けているのであれば

全く問題はないですが、

ただ何と無くまた日本で就職しようと考えている場合は、

なかなか厳しいものになりかねません。

日本ではワーホリ&世界一周など単なる遊びとしか

捉えられていないのが現状だと思います。

自分もその辺りに若干の不安はありますが。

 

ワーホリ後に世界一周するという同志(勝手に自分の中で

思っています)が数人いるということでなんだか少し

心強いです。

オーストラリアにいる間にそういった人たちと

何か話が出来たらなと思ってたりします。

では! Stay Curious!

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。