オーストラリアワーキングホリデーの仕事探しはどう行うべきなのか。日豪プレスとガムツリーを比較してみて

LINEで送る
Pocket

どうも。

現在はビクトリア州の外れのMilduraという街の

グレープファームで働いています。

仕事がコントラクト(出来高制)であるものの、

もともとの単価がかなり低く頑張ってもなかなか

稼げないという状況が続いています。

ここに来て10日ほどですが、

すでに引っ越しを考えているくらいです。

 

さて今回は、オーストラリアでワーホリをする際の

仕事探しの方法について書いていきたいと思います。

日本人がオーストラリアで仕事を

探そうとした場合の選択肢は大きく分けて2つあります。

日系サイトとローカルサイトの2つです。

日系サイトの大手というと日豪プレスが思い浮かぶと思います。

それに対してローカルサイトは色々あると思いますが、

ガムツリーというのが一番有名だと思います。

自分はオーストラリアに9ヶ月ほど滞在してきて、

日豪プレスとガムツリーの両方で仕事を

得てきました。

 

日豪プレスのホームページ
日豪プレスのホームページ

 

ガムツリーのホームページ
ガムツリーのホームページ

 

自分はタスマニアでファームをする時に日豪プレスを、

今いるMilduraのファームはガムツリーで見つけました。

結果的に両方失敗だったわけですが。

まあそれは置いといて、

日本人がオーストラリアで働く上で

シチュエーション別にどちらのサイトを利用するべきか

書いていこうと思います。

 

まず、特に何も考えずに簡単に仕事を見つけたいという方にとっては

日豪プレスがオススメです。

やはり日本人向けのサイトだけあって、

競争相手は日本人しかいません。

ガムツリーだとアジア人はあまり利用している印象はありませんが、

世界各国のワーホリの人々が利用しているので

その分競争率は高くなってしまいます。

 

次に英語環境を望む方は、間違いなくガムツリーを

利用するべきです。

間違っても日豪プレスは利用してはいけません。

理由はもう言わなくてもわかると思います。

日本人しかいないからです。

以前タスマニアのファームで働くのに日豪プレスを利用して時は、

その職場の全体の90%は日本人でした。

他は韓国人・中国人が少しいたくらいです。

それに対して今いる仕事場はどうかというと、

もちろん何人かはアジア人はいますが、それでも

間違いなく少数派で、日本人に会うことも多くありません。

今滞在しているシェアハウスは、イギリス人やオーストラリア人ばかりで

完全に英語環境です。

英語を勉強したかった自分としては、これ以上ない環境です。

 

ファームの仕事を探す場合には…

正直どちらがいいかは判断しかねます。

やはりファームジョブは当たり外れの差が大きく、

今働いているファームは完全にハズレです。

ただ個人的な印象として、日豪プレスの方が

安い賃金で雇おうとしている印象があります。

しかも最低賃金以下の場合もざらにあります。

もちろんガムツリーにもそういったファームは多くありますが、

割合的には日豪プレスの方が多いと思います。

どちらを選ぶにしても、雇用主に色々と不安事項等を質問して

不安を払拭するべきだと思います。

少しでも怪しいなと思ったところは

行くべきではないでしょう。

 

さて簡単にシチュエーション別で書いてきましたが、

やはり仕事を選ぶ際には何を重要視するのかを自分で

しっかりと決めて、それをぶれずに守って仕事探しを

するべきだと思います。

お金なのか、友達作りなのか、英語環境なのか、

単にセカンドビザが欲しいのか。

人それぞれ色々事情はあると思いますが、

その人にあったベストとは言わないまでも

ベターな職探しをしてもらえたらなと思います。

では! Stay Curious!

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。