首長族のカレンさんに会ってきた

どうも、ひでです。

この記事はチェンライからバンコクに向かうバス内で

書いてます。


ラオスのフエサーイに着いた後にルアンナムタっていうところに

行こうと考えてたのだけど、

タイミングのいい時間のバスがないということで

結局ラオスには1日しか滞在せず、早目にチェンライに

戻ってきました。

バンコクに向かうバスの出発が夜なので、

ほぼ1日時間があるので、

どこ行こうと調べてたら、チェンライ郊外には

首長族がいるみたい。

ホワイトテンプルよりも断然こっちの方が興味そそられる。

これは行くしかないと朝一で原付をかりて出発。

首長族が住んでる村まではバイクでだいたい2時間くらい。

その村に行く手前に、メーサロンっていう

昔中国人が移住してつくった綺麗な村があるということで、

まずはそっちに寄ることに。


山間部にある街メーサロン

チェンライ郊外は山が多くてもう

登ったり下ったりばっかり。

2時間弱かけて着いたメーサロン

なかなかいい感じ。

IMG_3201

IMG_3216IMG_3221

Mae Salongと書いてメーサロンで、

ここは主に中国から来た旧中国国民東軍の子孫や山岳民族

たちが暮らしている街みたいです。

だからか店の看板には中国語も併記されてる。

IMG_3218

どうしてこうも斜面に家を建てたのかは分からないけど、

絵的に美しい。

ただこのメーサロン、特に見る場所はなくて

ちょっとツーリング(原付でね)して終わり。

写真の方が伝わるかなと思います。

IMG_3225IMG_3226IMG_3227

念願の首長族に出会った〜

image

もうねこれはまさしく世界ウルルン滞在記。

ちょっと古いけども。

メーサロンからさらに30分弱ほどかけて到着。

首長族であるカレン族が住む村に。

いや〜テンションあがる。

IMG_3239

首長族の村の手前の村にいた貫禄ありすぎなおばあちゃん(笑)

まあ若干予想してたけど、入場料がいる感じ。

250バーツとなかなかの値段。

ホワイトテンプルは入場無料やったんに。

村自体はかなり小さくて、自分が行った時は

総人口30人くらい。

やっぱ少数民族なんやね。

あるのはお土産屋さんと、民家ぐらい。

お土産屋さんの店員が首長族で

子供からおばちゃんまでいたけど、

みんな可愛らしかったな〜

IMG_3258IMG_3259IMG_3256IMG_3262

IMG_3255IMG_3290IMG_3261

年をとるにつれて、首も長くなってくるのね、なるほど。

これって実は首が長くなるというよりも、

このアクセサリーの重さで肩が下がってしまうかららしい。

若干観光客慣れしてるなと感じたけども、

まあそれはしょうがないかな、観光地化されてしまってるし。

それ以前に普通の住処ではあるのだけれど。

村自体の大きさ的に10分あれば十分。

でも実際の住んでる家とか人を見てまわれるから

もう少し時間はかかる。

IMG_3246IMG_3247

ただ英語話せる人がゼロやったから、色々話聞けなかったのは残念。

歴史とか聞きたいって人はツアーの方が良いかも。

チェンライでツアー組めるみたいだし。


ずっとテレビの中の存在だった、首長族。

実際に自分の目で見ることが出来たっていうのは

言葉に代え難い経験。

この首長族の村を見ても、いつまでもこの首長族自体

存続してるか分からない状況なんだってのは感じた。

テレビとかインターネット上ではなく、

自分の目で見て感じるっていう事。

この世界一周ではそういった機会を多く持てるように

したいなと感じた1日やった。

あ〜日焼けやばい。

では! Stay Curious!

ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。