カンクンの2大セノーテであるグランセノーテとドスオホスへの行き方や入場料など

LINEで送る
Pocket

2015年3月11日から約1年の世界一周の旅へ。
日本→中国→香港→ベトナム→タイ→ラオス→インド→ネパール→インド→UAE→イラン→UAE→タンザニア→ルワンダ→ブルンジ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→レソト→トルコ→ブルガリア→マケドニア→セルビア→コソボ→セルビア→ハンガリー→スロバキア→ポーランド→チェコ→ドイツ→スペイン→イギリス→デンマーク→ドイツ→オランダ→ベルギー→ルクセンブルク→ドイツ→キューバ→メキシコ→ベリーズ→グアテマラ

どうも、ひでです。

この記事はメキシコのカンクンにて書いています。

前回の記事でカンクン郊外にあるセノーテ、ドスオホスへ

行ったことは書きましたが、

グランセノーテも良いけどドスオホスも実はかなりおすすめ

今回はドスオホスとカンクンのセノーテで一番有名とも言っていい

グランセノーテへの行き方や情報について書いてこうと思います。

まずドスオホスとグランセノーテの場所でも。

image

グランセノーテはTulumの街から近くて、

ドスオホスは10kmほど離れた場所にあります。


それではそれぞれのセノーテへの行き方を紹介します。

今回はツアーやレンタカー以外の公共交通機関で行く方法に

ついて書いていきます。

それぞれ2通りの方法がありますが、

ドスオホスもグランセノーテも同じ方向で行き方は

ほぼ変わらないのでまとめて書いちゃいます。

ドスオホス・グランセノーテへの行き方

①バスで行く方法

これはカンクンのバスターミナルから出ているADOバスに乗って

まずはTulumまで行って、

グランセノーテであればそこからタクシーに乗って、

ドスオホスであればタクシーもしくは

シェアタクシーであるバンに乗って行く方法です。

この方法だとTulumまではほぼ1時間毎にバスが出ており

料金は86ペソ、

Tulumからドスオホス、グランセノーテへ行くのに

タクシーを利用すると40〜80ペソほどで、

ドスオホスまでバンに乗って行くと25ペソかかります。

Tulumに着いたらタクシーもバンもいくらでもあるので

簡単に見つけられることと思います。

バンに乗る場合はドスオホス前で降ろしてもらうように言わないと

スルーされてしまうので注意が必要。

カンクンからバスに乗っていくパターンだと最安でも

グランセノーテであれば片道140ペソ前後で

ドスオホスは片道110ペソほどで行くことができます。

②バンを乗り継いで行く方法

こちらの場合はバスではなくて、

バスターミナル入口正面にあるPlaya Expressという会社の

バンに乗って途中のPlaya del Carmen行きの

バンに乗るとこから始まります。

IMG_20151229_151055IMG_20151229_151056

Playa del Carmen行きのバンは朝の6時頃から1時間に数便出ていて

34ペソで行くことができる。

Playa del Carmenに着いたらすぐ近くに

Tulum行きの同じようなバンが何台も停まっているので

それに乗り込んで途中のドスオホスで降りるか、

グランセノーテへ行くのであればTulumで降りるだけ。

ドスオホスで降りるにせよTulumまでいくにせよ

どちらも40ペソだったかな。

自分は今回こっちの方法でドスオホスへ行って、

乗り換えは楽チンだし特に困ることはなかったかな。

この方法だとドスオホスの場合は①よりも240円ほどお得で

グランセノーテだとわずか80円ほどお得なだけ。


次にドスオホスとグランセノーテでかかる費用に

ついて書いていきます。

セノーテの入場料などに関しては年々値上がりするものなので

最新情報を入手するようにしてください。

ドスオホスでかかる費用

入場料:200ペソ
シュノーケルマスク&ゴーグル:50ペソ
フィン:50ペソ
ロッカー:50ペソ

ドスオホスは入口からセノーテのある場所まで3kmちょっとあって

歩いていけない距離ではないけれども

タクシーを使うこともアリかなと。

あとドスオホスへ向かう手前にもいくつかセノーテはあるけども

それらのセノーテはドスオホスのチケットでは入場することが出来ず

別途購入する必要がある。

Cenote Jaguarが200ペソでCenote Nicte-Haは100ペソだったかな。

グランセノーテでかかる費用

入場料:150ペソ
シュノーケリングセット:80ペソ
ロッカー:30ペソ

グランセノーテへ行ってないのでネットで少し調べた情報のみです。

グランセノーテはTulumから5kmほど離れた場所にあるので

こちらもタクシーを利用した方がベターかなと。


とまあ簡単ではありますがドスオホスとグランセノーテへの行き方、

費用などについては以上ですかね。

ドスオホスはカンクン近辺にあるセノーテの中でも

最大規模を誇るセノーテでありながら、

日本人にしたらグランセノーテが有名すぎて

影に隠れてしまっている感が強いです。

ただドスオホスもグランセノーテどちらも行った人に聞いてみると

グランセノーテは少し小さかったとか。

まあドスオホスやグランセノーテ以外にも

たくさんのセノーテがあるので

時間があればお気に入りのセノーテを探す旅とかしてみても

面白そうだとは思いますね。

では!

ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。