シュリナガル〜レーの中間地点カルギルでゆっくりするのも案外悪くない

2015年3月11日から約1年の世界一周の旅へ。
日本→中国→ベトナム→タイ→ラオス→インド→ネパール→インド

どうも、ひでです。

この記事はラダック地方のカルギル

というところで書いています。


カルギルという場所はラダックにおいては比較的マイナーで

あまり知られていない場所のように思います。

まあ地理的に考えるとそれもしょうがないと思いますが。

image

カルギルはシュリナガルとレーのちょうど中間地点にあり、

カルギルを通るのは、

シュリナガルからレーへと向かう人のみだと思います。

多くの日本人がレーへはマナリから行くことを考えると、

ほとんどの人はカルギルへ行くことはないと思います。

またシュリナガルからレーへ向かうにしても、

カルギルは単なる経由地点という扱いで、ほとんどの人が

夜にカルギルに着いて、カルギルに1泊だけして

次の日の早朝レー行きのバスで

カルギルを発つという場合が多いです。

自分も最初はそのつもりでしたが、

レーまでどこの街にも泊まらずダイレクトに行くのは

なんかもったいないような気がして、

2泊滞在することにしました。

それでも短い滞在ではありますが。

シュリナガルからレーに行く際はカルギルで

何泊か泊まることをおすすめします。

宿は100ルピーからという

破格の値段でありますし(シャワーはありませんが)

ご飯も安くてかなり美味しいです。

ナンが1枚4ルピーで食べられたり、

image

ソーセージみたいなヤギの内臓が1本2ルピーで

食べられたりします。

image

街並みも適度に賑やかでぶらぶらしがいがあります。

imageimageimage


何よりもカシミール地方へ行くとどこもそうかもしれませんが、

今まで見てきたインド人とは全然顔つきも違いますし、

典型的なインド人のウザさが全くありません。

カルギルに住む多くの人がムスリムですが、

多くの人が目が合うと微笑んでくれたり、

今までのインドにはない感じで新鮮です。

カルギルにはこれといった観光地もないし、

Wi-Fiも基本的に宿にはなくて、

インターネットカフェにいかないといけないという

不便さはありますが

地味にカルギルおすすめです。

では!

ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。