ナミビアでの恐喝未遂の次は南アフリカで暴行事件。 ことごとくついてない最近のタクシー

LINEで送る
Pocket

2015年3月11日から約1年の世界一周の旅へ。
日本→中国→ベトナム→タイ→ラオス→インド→ネパール→インド→UAE→イラン→UAE→タンザニア→ルワンダ→ブルンジ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→レソト

最近はトラブルに巻き込まれがち。

どうも、ひでです。

この記事は南アフリカのブルームフォンテーン

という場所にて書いています。


ついこの前ナミビアのタクシーで恐喝未遂にあったばかりですが、

ナミビアのタクシーで恐喝未遂にあったっていう話

今度は南アフリカのタクシードライバーに暴行をうけてしまいました。

その日はアピントンからキンバリー経由で

ブルームフォンテーンへとミニバスで移動してきました。

image

アピントンからキンバリーまでが4時間ほどの道のりで220ランド、

キンバリーからブルームフォンテーンまでが

2時間弱の道のりで100ランド。

アピントンのミニバス乗り場には朝の7時にはついてたのに

結局ミニバスが満員になって出発したのが11時前。

キンバリーでも同じ感じで15時にはミニバス乗り場にはいたのに

結局出発したのが18時。

かなりの時間のロスで結構イライラしてました。

この待ち時間がなければこの後の暴行事件など起こらなかったのに。

ブルームフォンテーンには20時頃についてさすがに南アフリカの街を

宿探しのために夜ぶらぶらするのは危ないから、タクシーを拾って

あらかじめ目星をつけておいたNaval Hill Backpackersという宿へ

連れて行ってもらったのだけれど、地図上の場所には宿がない。

周りに人に聞いてみるとどうやら閉鎖か移転したみたいだと。

しょうがないからこの宿は諦めて、

ドライバーに安宿へ連れていってとお願いを。

ドライバーによるとブルームフォンテーンには

そもそも安宿と言える宿が存在しないらしく

安くても250ランドとかだとか。

連れて行ってくれた1軒目は350ランドと高かったので諦めましたが、

2軒目は250ランドとドライバーの言ってた値段やったのでその宿に決定。

そしてここからタクシードライバーと乗車賃で揉めます。


現場は今回泊まった宿の敷地内。

最初のNaval Hill Backpackersまでは60ランドで

話はついていたのだけども、

結局違う宿に泊まることになったので、タクシーを降りた時に

値段交渉すると100ランド払えと。

南アフリカのタクシーの相場は詳しくは知らないけど、

3kmほどの距離でそれだけ値上がりするのはおかしいと思い、

80ランドしか払わないと主張。

20ランド、わずか200円弱の違いですが

自分はケチなので簡単には譲りません。

よくよく考えてみると、今までもタクシードライバーとは

乗車賃のことでよく揉めてた気がします。

とりあえずこの宿に泊まることは決定なので

バックパックを後部座席から取り出して、

そこから値段交渉しようとしたところ、

いきなりタクシードライバーが自分のバックパックを踏みつけてきました。

さっさと100ランド払えと言いながら。

世界一周中の旅のお供である大切なバックパックを踏みつけられて

さすがにキレずにはいられません。

足どけろよとドライバーの肩を少し押したところ

ドライバーはさらに怒り出して自分に手を出してきました。

ちなみに言っておきますが、自分は160cm前半のチビで

ドライバーは180cm近い身長で横幅も結構ある体格。

もうねこの時点で勝負ありなのは誰の目にも明らか。

自分の右手は後ろに持っていかれて身動き出来ないようにして

壁に押し付けられます。

腕をほどこうにも体格差がありすぎてなかなかほどくことはできず、

そのままコンクリート壁に2回ほど叩きつけられます。

この時サブのバックパックを背負っていたので、

唯一相手に勝る機動力を発揮できなかったのが痛い。

さすがにこれ以上この相手と争うのは危ないと思い、

相手の言う通り100ランド払うと言いやっと解放してくれました。

100ランドを手にすると相手はさっさと車に乗り込んで帰っていきました。

怪我は右手の指を突き指したくらいで済んだけれども

あれ以上争いを続けてたらどうなっていたか分かりません。

宿のスタッフ数人は周りにいたにも関わらず、

完全なる傍観者。

何かしら止めてくれても良いのに。

アウェーの洗礼を受けました。

確かに運転手はいくつかの宿に連れて行ってくれた

というのはあるけど、

2件目に行った宿が350ランドで自分が悩んでると、

さっさと決めろよ、350ランドくらい払えないなら

駅かどっかで野宿しろよとかほざいてきたりと

癪にさわることが多々ありました。

何よりもまさか手を出してくるとは思いませんでした。

自分は決してお金を払わないと言ったわけではなく、

ただ値段交渉しようとしただけなのに。

自分にも非はあるかもしれないけど、

相手のしたことはれっきとした暴力行為。

IMG_20151015_204700

宿で一息ついても怒りが収まらないので

タクシーに乗ってる時にくれた名刺と、相手の去り際に撮った

ナンバープレートの写真を持って明日警察にでも行こうと思います。

何かしらのペナルティが相手に下ることを祈って。


そして翌日警察に行ってきました。

これは完全なる自己満足の為に。

宿のすぐ近くに警察署があったので宿をチェックアウトしてそこへ。

そこの警察署はひっきりなしに来客がくるようなちょいとばかり

忙しそうな警察署。

まあどこの警察署はそんな感じか。

大した怪我も負っていない揉め事だから取り合ってもらえるか

半信半疑だったけれども、とりあえず受付の人が話を聞いてくれ

相手のナンバープレートをデータベースで検索して個人を特定。

すると警察が相手に電話かけて、

ここへ来るように連絡するぞというので

あんな暴君とは二度と会いたくないし、若干再攻撃もこわかったので

電話するのは一旦保留にして貰いました。

ちょっと考えてここまで来たんだから

とりあえず相手を呼ぼうと決心して

警察の人に電話するようお願いします。

すぐ向かうとの連絡を受けて待つこと10分ちょっと、

昨日のドライバーとタクシー会社のボスの2人でやってきました。

昨日取っ組み合いになった時は完全に危ないやつだと思っていたけれど、

そこに現れたのはどこか優しげな雰囲気すら漂う大柄の男。

相手も昨日ぐらいの出来事だったら何も咎められることはないだろうと

そんな余裕すら感じられました。

ただこの男に間違いはない。

最初に自分の言い分を話して、あとから相手の言い分を話すという

いたって公平なやりとりをさせる警察官。

お互い変に誇張はせず、起こったことをほぼ忠実に証言し終わり、

警察が自分に結局こいつをどうしたいのか尋ねてきました。

もちろん自分はこのドライバーに何かしらの罰を与えたいけれども、

そうするためには裁判所に行って争わないといけないとのこと。

さすがにこんなちっぽけな事件で裁判所もいくのも馬鹿馬鹿しいし、

まあ警察に行く前から少しは予想していたことなので

しょうがなく和解しました。

仮にこれが日本で起こったとしても、

警察は同じ対応をしたことと思います。

所詮向こうからしたら労力をかけるに値しない事件ですから。

それでもきちんと自分の言いたいこと言ってある程度は納得したので

この件は忘れようと思います。

くれぐれも今後タクシーに乗る時は乗車賃は

きちんと確認してから乗ろうと思います。

あ〜怖かった。

では!

ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。