1年の世界一周でほぼ何の被害にもあわなかった自分の防犯術

LINEで送る
Pocket

2015年3月11日から2016年4月9日まで世界一周の旅へ。
日本→中国→香港→ベトナム→タイ→ラオス→インド→ネパール→インド→UAE→イラン→UAE→タンザニア→ルワンダ→ブルンジ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→レソト→トルコ→ブルガリア→マケドニア→セルビア→コソボ→セルビア→ハンガリー→スロバキア→ポーランド→チェコ→ドイツ→スペイン→イギリス→デンマーク→ドイツ→オランダ→ベルギー→ルクセンブルク→ドイツ→キューバ→メキシコ→ベリーズ→グアテマラ→エルサルバドル→ホンジュラス→ニカラグア→コスタリカ→パナマ→コロンビア→ベネズエラ→ブラジル→パラグアイ→アルゼンチン→ウルグアイ→アルゼンチン→ボリビア→ペルー→アメリカ→日本

どうも、ひでです。

この記事は日本の横浜にて書いています。

日本の治安の良さはやはり素晴らしいなと日本に帰国して

ひしひしと感じています。


1年1ヶ月に及ぶ世界一周の旅も特に何事もなく

無事日本に帰国することが出来ました。

被害という被害はドバイからタンザニアに移動するフライトで

預け荷物に入れていた昔のスマホと100ドルくらいが

いつの間にか消えていたくらい。

それに気づいたのがそのフライトから1ヶ月くらいだったので

まあどうしようもないわけだけども。

それはバックパックを特に施錠せずに信頼しきって預けた自分にも

責任はあるからまあ勉強代としくなかなと。

アフリカや中南米と比較的治安の悪い国、都市にも行ったけども

幸い何も被害に遭わなかったというのは単純に運の問題もあるけども

常に周りにアンテナを張って気をつけていたというのも

大きいかなとは思う。

ということで今回は自分が世界一周中にしていた

シーン別の防犯術について書いていこうかなと。

まあそんなたいそうなものではなくて

基本のことばかりではあるけども。


街中で

ひったくりやスリなど被害に一番あう確率が高いのが屋外。

ヨーロッパでの巧妙な手口のスリや南米での

ケチャップ強盗や首絞め強盗など例を挙げればきりがないほど。

街歩きをする時に被害に遭わなくするには荷物を持っていかないこと。

防犯上信頼出来る宿であればそこにカバンなどは置いていって

スマホとサイフをポケットに入れて歩くくらい。

これだけでかなり被害にあう確率は下げられるはず。

どうしてもカバンを持っていかないといけない場合は

前掛けにしたりして歩くとか。

あまりないかもしれないけども

仮に誰かに狙われていたりつけられていると感じたら

歩くスピードを速くしたり遅くしたりして

相手の出方を伺うとかもありかと。

自分もなんか後ろに嫌な気配がするなとか

ちょっと距離が近いなと感じた時は

歩みを遅めて相手を先に行かせて様子を見たりしてました。

やっぱり自分の後ろにいるというのは少しばかり気味が悪いので。

夜は都市、場所によっては相当危なくなるので

よほどのことがない限り外出は控えてたかな。

どうしても買い物とかに行きたい時は荷物は札束のみ持って

あとは宿に置いて出かけてたりしていた。

宿で

まず宿探しの時は部屋にロッカーがついているところを

優先して探すようにしてます。

部屋になくてレセプションとかにロッカーが

あるところとかもありかなと。

部屋にロッカーがあればほぼほぼ宿内での貴重品の盗難は

防げると思うので。

もちろん南京錠の持参は必須。

仮に宿にロッカーがない場合はカバンをチェーンか何かで

ベッドなどに固定して持っていかれないようにするくらい。

ドミトリーではある程度みんな気をつけると思うけども

個室となると途端に危機意識が低くなるけども

掃除のおばちゃんとかによる盗難とかも

ちょくちょく聞いたりするので

個室で外出するときとかでも置き荷物の施錠は欠かさないこと。

空港やバスの中で

バックパッカーであれば空港泊をする人は多いんじゃないかなと。

自分もこの旅で合計1週間くらいは空港で寝たんじゃないかな。

何気に空港って快適ではあるんだよね。

Wi-Fiもあればコンセントもあって、寝やすい椅子とかもあって。

ただ空港泊をするときにももちろん注意は必要。

特に寝ている時は荷物が無防備になりがちなので、

しっかりと対策をしてから寝ること。

自分の場合はまず大きいバックパックと小さめのバックパックを

ワイヤーロープで繋いだ上で椅子とかに固定する。

そして貴重品の入った小さい方のバックパックを

枕にするか足で挟んで盗まれないように寝る。

これであれば誰かが荷物を取ろうとしたときに

さすがに気づくだろうしね。

空港によっては誰でも出入り出来るところも結構あるので

空港内は安全という考えは捨てるべきかなと。

次にバスに乗るとき。

大きめのバックパックを持っていると大抵のバスで荷物スペースに

預けないといけなくなってくる。

預け荷物が盗まれるとかは地味に聞いたりする話なので

可能であればきちんと施錠して預けるようにすること。

貴重品の入った小さい方のバックパックは車内にもっていって

頭上のスペースではなくて狭くても良いから足元のスペースに置くこと。

特に中南米だとバス内での盗難が結構あるみたいなので気をつけるべき。


とまあ自分がこの世界一周中で実践してきたのはこれくらいかなと。

上のことを守ればだいたいの被害は

未然に防げるんじゃないじゃなとは思う。

ただ被害に遭う人っていかにもあいそうな人があっている

みたいなので運の要素も強いかなとは思う。

仮に自分が盗む側だったら無警戒でぼーっとしている

観光客を狙うだろうしね。

まあ盗まれてもお金で取り返せるものは良いけども

命に関しては取り返しようがないので

ほんとに危ない場面に遭遇したら

いのち大事に行動して欲しいなと思います。

では!

ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。