香港で半日弾丸観光と美食巡り

どうも、ひでです。
最近は軽い無気力状態であまりやる気が起きず、
ブログを書くのをサボってしまってました。
広州にきて気分的に一番落ちてた時期だったかもしれません。
まあそんな時期も通りすぎてくれたから良いんですがね。

さて少し前の話になるけども、8月頭に日本の友達が有給休暇を取って香港まで来てくれるということで土日を使って自分も久しぶりに香港へ行ってきました。
広州まで来てくれたらいくらでも案内できるんだけども、
中国とか興味ないからと一蹴されてしまいました。

香港は以前深圳に住んでいた時は毎週のように行っていたけども、広州に来てからは日本へ帰る為に香港空港に行くくらいで
最近はまともに遊びに行ってなかったので地味に楽しみ。

土日のうち日曜日はほぼ1日マカオへ行っていたので、
香港での自由時間は実質土曜日の半日のみ。
わざわざ友達が日本から来てくれるということで友達の希望も織り込みながら、美食巡りもちょいちょい挟みながら香港観光してきました。
ということでその模様をお届けしようと思います。誰が一体興味あるんやっていう話になりますが。

香港半日弾丸観光

スタンレー

まず一番最初に訪れたのはスタンレー。

ここは友人が唯一香港で行ってみたいといった場所なので最初に行ってみる事に。スタンレーは港町の雰囲気が残りつつ、欧米人が好むバーも多く観光客に人気の場所との事。ただ香港島の南端の方にあるので、少し行きづらい場所にはある。

セントラルかコーズウェイベイからだとバスに乗って1時間ほどの距離で、今回はセントラルのバスターミナルから6X番のバスに乗っていくことに。スタンレーに行く途中に良さげなビーチとかもあってたくさんの人が泳いでいたので、そこのビーチでゆっくりするのも良いかなと。

スタンレー自体はそこまで大きな場所ではないので、1、2時間あれば大体の場所をまわることは出来るかなと。ただ自分の想像とはちょっと違くて、なかなかの観光地観光地してたので、そこまでテンションは上がらず。

まあ香港の中心地の喧騒から離れる事が出来るのは良いと思うけども、スタンレーに行くのであればラマ島やハイキングに行った方が良いかなと思ったり。

ビクトリアハーバー&シンフォニーオブライツ

スタンレーへ行った後は香港のド定番観光地であるビクトリアハーバーへ。
ビクトリアピークへ行くのもありかなと思ったけども、
以前行った時は天気が悪く全然景色も良くなくて
あまり良い思い出がなかったので無難にビクトリアハーバーへ行くことに。

ビクトリアハーバーの近くにあるブルースリーなどの有名人の銅像があるアベニューオブスターズ(星光大道)は運が悪く工事中で見ることが出来ず。

ビクトリアハーバーでは毎日20時からシンフォニーオブライツと呼ばれる香港の高層ビルから放たれるライトショーがあって
以前香港で働いてたくせに一度も見たことなかったので
何気に楽しみにしつつ観覧場所へ向かうことに。

このシンフォニーオブライツは九龍島側から香港島側を眺めるのがより綺麗で良いとのネットの情報を頼りに九龍島の先端へ。
かなり混むとのネットの情報を聞いてたので、余裕を持って開始15分前には会場に行ったけども、既にかなりの人混み。
人が多すぎて動こうにも隣の人にすぐ体があたるほど。

これはさぞかしすごいものが見れるだろうと期待して始まるのを待ってると音楽が始まって、ポツポツとビルからライトが出てきたけどもなんか思ってたのより全然しょぼい。
ここからクライマックスに向かうにつれてもっとすごくなるだろうとかすかな期待を抱くも、しょぼいまま時間が過ぎていくばかり。友達と苦笑いしながらシンフォニーオブライツ無事見終えました。

香港の安くて旨い美食巡り

正直香港の半日弾丸観光は微妙な感じではありましたが、
観光以外で楽しみにしていた香港のご飯に関してはかなり満足出来ました。
ということで香港滞在時に食べたものを簡単に紹介していきたいと思います。
今回は値段の安いものかつ中国版食べログである大众点评というアプリで評価の高い店を選んでおります。一部写真を撮り忘れた料理があるので、その写真は大众点评から頂いてます。

雲呑麺:千家客傅統雲呑麺

まずは軽く腹ごしらえがてら香港でもかなり有名な食べ物である雲呑麺でも。
この店は佐敦A出口から徒歩5分ほどの場所にあるかなりこじんまりした店。

ここでは自分はもちろんエビ雲呑麺を注文して、友達にも雲呑麺を食べて欲しかったけど、なぜか牛肉麺を注文するっていう。
まあそういう自由な感じが良いかなと。

ここのエビ雲呑麺は麺はまあ普通ではあるけども、
エビワンタンの身がぷりっぷりでかなり美味しい。
麺よりもエビワンタンをずっと食べていたいくらい。
スープはダシがきいてて飲みやすい。

小籠包:点点心点心専門店

ここは夕食時に食べに行った小籠包屋さんで、湾仔駅(ワンチャイ)から徒歩5分ほどの場所にある。
湾仔以外にも、旺角や佐敦など合計4店舗ほどあるチェーン店らしい。

18時前に行ったにもかかわらず既にほぼ満員で、人気のほどが伺えるこの店。

料理の写真をほぼ撮り忘れたけども、定番のエビ焼売やエビ小籠包のエビコンボに、日本人にはあまり馴染みのない鶏の指先と広東料理である腸粉といった料理を注文。

どの料理も美味すぎて、この店は友達もかなり気に入ってくれてました。香港には小籠包屋さんはかなりあるけれども、
この店はお手頃で味も確かなので是非行って欲しいお店。

スイーツ(甜品):聪嫂私房甜品

小籠包を食べ終わった後は香港スイーツを食べに。この店はコーズウェイベイのA出口から徒歩5分ほどの場所にある。
ここも大众点评でかなりの高評価の店だったので行ってみることに。名前の読み方はさっぱり分かりません。

19時前に行って見たところ数組が並んでいたけれども、
店内自体はそれほど広くはない割に所狭しと席があるので
回転自体はかなり早いかなと。
ただ席同士が近すぎて1人通るのも精一杯なくらい。

ここではおそらく何を頼んでも大抵は美味しいだろうけど、
自分はマンゴー好きなのでマンゴーカスタードを注文。
これで39HKDで、日本円で550円ほどなので、広州と比べると
香港の物価はやはり高いなと少し感じたり。
ただ肝心のお味の方はもう濃厚で、美味しすぎてすぐに完食してしまいました。
これならご飯食べた後でも、2、3個は食べられます。
日本人の人も並んでたので、おそらくガイドブックとかにも載っているかと思うけど、是非香港スイーツを味わって欲しいです。

上海蟹&鴨肉:太湖海鮮城

この店は2日目にマカオのカジノで友達が1万円ほど勝ったので
そのお金でぱーっと何か美味しいものを食べようということで行った海鮮料理屋さん。
場所は佐敦駅のD出口から徒歩3分ほどの場所にあります。

友達が上海蟹を食べたいとのことで色んな店を探してたけども、香港では上海蟹は時価で売っている店が多かったり、結構な値段がする店が多くて上海蟹を食べられるお店を探すのに結構苦労した。

あまり時間とお金もなかったので上海蟹と鴨肉を注文することに。16時とか中途半端な時間に行ったのでお客さんは自分たちだけ。
だからなのかお店の人はかなりフレンドリーで調理前の活きた上海蟹を自分たちの目の前に持ってきてくれたり、蟹の食べ方とかも教えてくれたり。

上海蟹自体は手掴みでむさぼり食べてたけども、ソースと絡んでなかなか美味しかった。蟹食べると無口になるのはどこで食べても一緒でしたね。

鴨肉の方は自分は広州で安い鴨肉はよく食べてるけども、このお店で食べた鴨肉はまた上品な美味しさで少しは違いを感じれたかなと。ちなみにこの2品だけで1万円近くしました。そこまで高級店と行った感じではなかったのだけども。

モーニング:澳州牛奶広司

ここは番外編ということで。
2日目の朝マカオへ行く前にここで朝食を食べようと思い8時過ぎに行ったけども、既に10組以上並んでいてかなりの行列だったので結局行くのを諦めてしまったお店。
ちなみにここは佐敦駅のC2出口を出て3分ほどの場所にあります。

ここではパンとスクランブルエッグとミルクティーが定番メニューらしくメニュー自体はいたって普通だけども、これだけ並ぶってことは相当美味しいのだろうなと。
今回は残念ながら行けなかったので、次回の機会に開店前から並ぼうと思います。

香港の観光自体は時間もなかったし、シンフォニーオブライツとかも若干期待外れな部分もあって残念ではあったけども
香港のご飯に関してはどの店もかなり美味しくてかなり満足出来たかなと。

広州と香港は2、3時間ほどの距離とかなり近いので
また時間があれば美食巡りをしに来たいなと思います。
では!

ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。