メルボルンのバイロンベイこと、St.Kilda(セントキルダ)がなかなかお洒落

どうも。

現在オーストラリアでワーホリ中で、

2015年の3月より1年ほど世界一周に出発するヒデです。



自分は今、ワーホリ最後の滞在地としてメルボルンに

滞在しています。メルボルンは先月のアジアカップと

全豪オープンの為に行って以来2回目なのですが、

何度行っても良い場所だなと感じます。

前回の滞在時はシティのホステルに滞在していたため、

行動範囲がシティだけになってしまったので

今回は市街地以外にも行ってみたいと思い

近くにビーチがあるホステルに滞在しています。

現在滞在しているのはSt.Kildaという場所。

近くにビーチがあるということで若者が

多いように感じます。

少し周りを探索してみて驚いたのですが、

St.Kildaの中心地とも言える

Acland Streetが以前行ったことがある

バイロンベイと雰囲気がかなり似ていると思ったからです。

Byron Bay。それは時間がゆったりと流れる、楽園のような場所でした。

St.Kilda Beach
St.Kilda Beach
St.Kilda Beach
St.Kilda Beach
Sunset
Sunset
Acland Street
Acland Street
Acland Street
Acland Street
Acland Street
Acland Street

 

1本の道路を挟んでいい感じのカフェ、

レストラン、バー、雑貨屋が並んでいる感じ。

そこで各々のアーティストが路上でパフォーマンス・販売等を

行っている感じ。

若干ヒッピーっぽい人が多く、メルボルン自体には

かなりの数のアジア人がいるのですが、

ここSt.Kildaには皆無と言っていいほどいません。

いかにもオージー、ヨーロピアンの街といった感じです。

最後の最後にこのSt.Kildaに寄れてよかったなと思います。

こういうバイロンベイやSt.Kildaのように

時間がゆったりと流れ、

独自の文化がある場所が自分は好きみたいです。

残り1日ちょいのオーストラリアライフを

楽しみたいと思います。

では! Stay Curious!



ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。