バスでトランジットとかあるんやね

 

image

どうも、ひでです。

現在は東チベットを旅してます。

いきなりですが、みなさん

トランジットと聞いて思い浮かべる交通機関はなんですか?


まあ飛行機とか、乗り換えって意味では電車とかは

考えられると思います。

しかし、バスでトランジットってなかなかイメージできないん

じゃないかなと思います。

そんなバスのトランジットを東チベットの

理塘〜ガンゼ間で体験してきました。

理塘〜ガンゼ間のバスは、時期が悪かったのか

なかなか乗り合いバスの人数が集まらず、

1日待っての出発となりました。

8時出発のはずが、結局は9時に。

まあこれぐらいなら全然マシですよね。

理塘からガンゼまでは途中に新ロンという街を

通っていくのですが、理塘出発時には定員5人のバンに

荷物パンパンの6人でスタートし、出発して1、2時間しないうちに

1人降りたかと思いきや、その後にすぐに

大人3人の赤ん坊2人が乗ってくるというまさかの

状況になってまいました。

ドライバー含めたらサッカー1チームできるやん。

さすがは中国、お金のためなら何人でも

乗っけてしまいます。

新ロンに着くと、その5人は降りてくれたので助かりましたが、

ここでまさかのトランジット(笑)

しかもすぐ出発するかと思いきや、さらなる人集めをしてるのか

出発は2時間後。

いやいや全然聞いてないよ。

人数が集まり次第出発やから気軽に食事、街歩きもできないし。

結局人が集まらなかったのか4人で出発。

道も東チベットには珍しくほとんどが舗装されてたので

幾分快適な道中でした。

それでも理塘〜ガンゼは9時間ぐらいは掛かったかな。

あくる日のヤチェン〜ガンゼ間では雪が積もってて、

かなりヒヤヒヤしながら、それでも寝てました。

起きたら、こんなことも起こるのが東チベットです。

ちなみの前を走っていた車です。

image

誰も怪我がなくて良かった。

車の前方は大破してましたが。


東チベットは移動ばっかりで大変やけども、

その分見所もそれぞれの都市にあるので、

まあ不幸中の幸いかなと思います。

では! Stay Curious!

ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。