と思ったら普通に地獄やったていう話

どうも、ひでです。

この記事はコルカタからネパール国境付近の

ラクソールという街までの鉄道内(17時間)で書いてます。

リアルタイムではネパールのカトマンズにいます。


さて昨日の記事でインドの鉄道なんて楽勝やんていう事を

書きましたが、

誰や、インドの鉄道は地獄て言うたんわ

やっぱり自分はまだインドのイの字も

分かってなかったみたいです。

インドの鉄道の厳しさを痛感させられました。

それをコルカタからルクソールの電車でに経験しました。

予約した電車はコルカタのハウラーという駅を

15:45に出発する予定でした。

前日にチケットは予約してたので、

あとは駅に向かうだけ。

今までは勝手が分からなかったので、1時間ぐらい前もって

駅に着くようにしてましたが、

4回目の電車ということで慣れてきたこともあり、

30分前ぐらいに着くように宿からバスに乗りました。

これがまさかの事態に。

コルカタの道路は時間帯問わず常に渋滞してます。

まあこれはコルカタに限らずインドの主要都市全般に言えること

だと思いますが、

その時には渋滞という事が完全に頭から消えてました。

普段なら30分ちょいでつく道が、1時間半経っても着かない。

こういう時に限って、ネパールでのボランティア時の

重い食糧抱えてるっていう。

いやこれはやばいとバスを降りては重い荷物背負って歩いて、

またバスに乗って結局駅に着いたのが、15:45。

まさかの出発時間ジャスト。

この時点で90%ぐらい絶望してましたが、

ここは日本ではなく、インド。

電車が遅れるのは当たり前の国だから、

きっと今回も遅れるだろうと10%期待してましたが、

プラットホームについて、駅員に聞くと

ちょうど今出発したよと。

確かに自分が着いた時にかすかに電車が出発するのが

見えた気がします。

こういうギリギリで乗れないっていうのが一番嫌い。

完全に寝坊して間に合わないとかなら諦めがつくけど、

こういうのはあの時こうしとけば良かったって後悔しやすいし。

そういや東京にいたとき、出張の飛行機を寝坊で

逃したの思い出した。


たまたま聞いた駅員が目の前にある電車に乗れば、

ちょうど先回りして逃した電車に乗れると教えてくれたので、

ナイスと思いつつ、適当な車両乗ると

そこはもう地獄絵図。

初めてインドの電車の真髄を経験したかもしれません。

乗車率でいうともう軽く300%は越えてるんじゃないかと。

新幹線の帰省ラッシュか何かですかこれ。

その時の写真がこれ。

image  到着後の駅。image

サラリーマン時代の朝の出勤ラッシュを思い出しました。

これまた地獄の東西線。

日本の方が下手に身動き取れなくて気は遣うけどね。

インドは密着し過ぎてそんなこと言ってれないくらいやけど。

ホント身動き取れないし、まあそれは良いんだけど

この状態でトイレに行こうとする人が多すぎて

本当ストレスでしかない。

たまたまトイレの近くしかスペースが空いてなかったので

見事に体にあたりまくります。

最後の方は日本語で文句言ってました。

なんで1時間ちょいぐらい尿意我慢出来ないのかと。

仮にね尿意100%の人なら行っても良いけど、

彼ら絶対に尿意50%ぐらいでトイレ行こうとしてるからね。

自分やったらあんなキュンキュンの人混みの中

行くなら我慢した方がマシやと思うけど。

まあそんなこんなで先回りした駅に着いて、

無事もとの電車に乗ることが出来ました。

本当めでたしやったな〜

image
途中で出会った良い感じのインド人

 

もう二度とあんなぎゅうぎゅう詰めの電車には乗りたくない。

一度で十分です。

まあこれもインドやと、いい経験をした

ということにしときましょう。

では! Stay Curious!

ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。