小米最新スマホXiaomi Mi 8を購入したので、軽くレビューしてみる

この記事の内容が面白いと思ったら、SNSで共有してくれると嬉しいです。
どうも、ひでです。
広州での生活を終え、現在日本で転職活動をしているところでして、
約5年ぶりの日本での生活ではじめはどうなることかと思っていましたが、
やはり自分の生まれ育った国ということで想像以上に快適ですね。
なによりも日本食最高です。
 
今回はタイトルにもあるように、中国のスマホメーカーである小米(Xiaomi)の最新スマホ
であるXiaomi Mi 8を購入したので、レビューをしてみようと思います。
自分は今回のXiaomi Mi 8を含めて3台連続でXiaomiを使うほどXiaomi好きなんですが、
前まではXiaomi Redmi Proというスマホを使ってました。
 
 
Xiaomi Mi 8は6月に発売された機種ではありますが、その高スペックな割にコストパフォーマンスが良いからか、発売開始直後から1か月ほどは在庫切れが続き、広州の色んな小米之家(小米専門店)に何度も行って在庫確認してましたが、あまりに買えないのでタオバオで100元多めに払って購入する羽目になりました。この在庫切れ商法は小米がよくやるものみたいですね。
タオバオを見る限り、7月末になってもまだ在庫があったりなかったりみたいな状況なので
この機種はよほどの人気みたいですね。
 
前置きはこのくらいにして、Xiaomi Mi 8のスペックを軽く紹介してから
実際の購入写真や使ってみた感想について述べていこうと思います。

公式HP写真とスペック紹介

まずは小米のホームページにあるMi 8の写真をたくさん張り付けていきます。
もちろん中国語表記になってますが、そこはスルーしてください。

 

項目スペック
3GバンドHSDPA 850/900/1900/2100
4GバンドLTE band 1(2100), 2(1900), 3(1800), 4(1700/2100), 5(850), 7(2600), 8(900), 12(700), 17(700), 20(800), 34(2000), 38(2600), 39(1900), 40(2300), 41(2500)
SIMNano SIM Dual SIM
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac
dual-band, Wi-Fi Direct, DLNA, hotspot
ディスプレイ
6.21インチ、有機ELディスプレイ
ディスプレイ解像度1080x2248 アスペクト比18.7:9
ディスプレイ機能コーニングゴリラガラス
HDR-10、DCI-P3対応
サイズ154.9x74.8x7.6mm
重量175グラム
OSAndroid8.1 Oreo
MIUI 10
SocQualcomm Snapdragon 845
CPUKyro 385 Gold x4 & Kyro 385 Silver x4
8コア、2.8Ghz
GPUAdreno 630
ベンチマークAntutu:301472
メモリ6GB
ストレージ64GB/128GB/256GB
SDスロット無し
メインカメラ12 MP, f/1.8, 1/2.55", 1.4µm, 4-axis OIS, dual pixel PDAF
12 MP, f/2.4, 56mm, 1/3.4", 1.0µm, AF, 2x optical zoom
光学手振れ補正、IMX363
インカメラ20 MP, f/2.0, 0.9µm
動画最大画素数:2160p 最大fps:240fps
BluetoothBluetooth 5.0, A2DP, LE, aptX HD
GPSGPS,GLONASS,BDS
ネットワークNFC,IRプラズマー
センサ類指紋認証センサ、加速度センサ、近接センサ、ジャイロ、コンパス、気圧センサ、顔認証ロック
防水防滴
イヤホンジャックイヤホンアダプター必要
バッテリー容量3400mAh
ポートType-C 1.0
その他Quick Charge 4.0+,VoLTE

Xiaomi Mi 8には通常版と透明探索版という2種類があって
透明探索版は通常版からさらにスペックが上がったタイプのものですが、
なにより目を引くのが本体の裏面が透明になっており、チップが丸見えとなってます。
今までほとんど見たことのないデザインなのでかなり斬新かと思います。
透明探索版に関しては未発売で7月末に販売開始する模様とのこと。
 
それぞれの通常価格としては
通常版が6GB+64GBで2699元、6GB+128GBで2999元、6GB+256GBで3299元、
透明探索版は8GB+128GBのみで3699元となります。
1元=16元で計算しても通常版が容量の少ない順で約43000円、約48000円、約53000円ほど
透明探索版でも約60000円ほどと、どれもスペックの割にはかなりお得感はあるかと。
アップルやサムスン、ソニーのハイエンド機種とかこれの倍の価格とかしたりしますしね。
 
Xiaomi Mi 8はSnapdragon845という現在最高性能を誇るチップを使用しており、
スマホの性能を測ることが出来るAnTuTuというアプリで計測してみたところ267532という数値が出ました。
小米が公式に発表していた300000という数字までは出なかったけども、
それでも26万という数字はiPhoneとかよりも十分高い数値なので満足ではあります。

開封の儀

スペック情報はこのくらいにしておいて、実際の開封の様子を載せていきます。
最初に書いたように今回は店舗では在庫切れだったので、ネット通販のタオバオから購入したからなのか、外箱やスマホ本体のスクリーンフィルムとかはなぜか結構汚れてて、
偽物なのかと一瞬思ったけれども、実際に電源を入れてみたら本物で安心しました。
外観自体は同時期に発売されたXiaomi Mi 8 SEやMi Mix 2Sとかの方が好きではあるけれども、
それでも外観はなかなか気に入ってはいます。
どちらかといえば丸みを帯びた感じよりもカクカクしたフォルムの方が好きなので。
こちらが8 SE
こっちがMi Mix 2S

3週間ほど使ってみた感想

ここからはXiaomi Mi 8を使ってみた感想を書いていこうと思います。

日本ではIIJmioのドコモタイプのSIMカードを利用してますが、たまに接続が悪くなったりする
ことはありますが、東京大阪名古屋で使ってみたところどこも4G LTEが使えているので
使用は問題ないかと思います。
ただドコモやauよりもソフトバンクのバンドがXiaomi Mi 8には最適とのことです。
 
小米のスマホにはもちろん中国のアプリしか入っておらず、グーグルストア等もインストール
されていないので、自らインストールする必要があります。
この辺りは下記のリンクの記事が役に立ちましたので必要な方は参照ください。
 
 
機種は違っても小米のスマホであれば基本的な操作方法は共通かと思います。
自分は日本語化まではしておらず、本体言語は英語となっていますが、通常の使用では
問題ありません。ただGoogle Payや楽天EdyやモバイルSuicaなど一部のアプリは対応していない機種だからなのか利用することが出来なかったりする点は少し不便ではあります。
 
Xiaomi Mi 8を購入してから3週間ほどが経ちますが、実際に使ってみた感想として
やはり動作がサクサクで全くのストレスフリーです。
前まで使っていたスマホも悪くはなかったですが、1年ちょっと経った時くらいから
よく動作がフリーズしたり、カクカクと動くこともあったりしたので、そういったことがなく
スムーズに使えるというのは素晴らしいなと改めて実感してます。
また電源を起動したり再起動するのが、かなり早くなったように思います。
だいたい20秒くらいかかってはいますが、それでも前のスマホよりはかなり早くなったかなと。
 
あとは画面の解像度が高いおかげで写真等はかなり綺麗に見ることが出来てますし、
デュアルレンズのおかげで写真もかなり綺麗に撮ることが出来ます。
体感ではiPhone 8やXとかとも大差ないかと思います。
下の写真は小米のHPに載っているXiaomi Mi 8で撮影した写真で、かなり綺麗ですよね。
一応自分が撮ってみた写真も載せておきます。
小米HPの写真ほどではないですが、悪くはないかと思います。
インカメラは20MPもあるので、自撮りもかなり綺麗に取れます。
AIカメラも付いているので、勝手に加工とかしてくれたりしちゃいます。
 
指紋認証はスマホ正面ではなく、裏面についていて最初は慣れなくて使いづらく
感じていましたが、慣れてしまえばそこまで気にならないかなと思います。
また顔認証モードもあるので、わざわざ指紋認証をしなくても画面をアンロック
してくれるのは地味にありがたいです。
 
あとは充電時間もかなり短縮されたように思います。満タン充電するのも1時間もかからないかなと。
ただイヤホンジャックがiPhoneのようになくなって、Type-Cケーブル差込口に専用のケーブルをつないで、そこにイヤホンを差し込むようになったのは若干不便になったかなと思います。
 
iPhone Xとかだと正規で買うと10万とかするのに対して、45000円ほどで大差ない機能が
ついているこのXiaomi Mi 8はほんとにお買い得なスマホだなと思います。
1、2年はこのスマホを使ってみて、飽きたらまた何か面白そうなスマホに買い替えようと思ってます。
Huaweiとかももう少しハイエンド機種が安くなってくれれば試してみたい気持ちはあるんですがね。これからも小米には頑張ってほしいです。
 
最後にXiaomi Mi 8を買うには中国の小米ショップで買うのが安くて一番だとは思いますが、
日本に住んでいて買えないという方はGEARBESTというネットショップで買うといいと思います。若干割高にはなりますが。
 

Xiaomi Mi 8 4G Phablet Global Version – BLACK

Xiaomi Mi 8のレビューはこのくらいにしておきます。
では!

ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

この記事の内容が面白いと思ったら、SNSで共有してくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。