アフリカ2度目のホームステイはザンベジ川のほとりで

2015年3月11日から約1年の世界一周の旅へ。
日本→中国→ベトナム→タイ→ラオス→インド→ネパール→インド→UAE→イラン→UAE→タンザニア→ルワンダ→ブルンジ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ジンバブエ

どうも、ひでです。

この記事はザンビアとジンバブエの国境付近の

ムグラメノ村というところにて書いています。


予想以上に都会で快適だったザンビアの首都ルサカでの生活を

切り上げてまず向かったのは、ジンバブエとの国境の町Chirundu。

そこへは2時間ほどで着き、そこからさらにバスを乗り換えて

暗闇の中悪路を進むこと3時間ちょっと。

やっと目的の村へ着きました。

そこはMuguramenoというGoogleMapsにも

載っていないほどの小さな村。

image

ここへ来た目的はWorkawayです。

つい2週間ほどまえタンザニアにいた時にも利用したWorkaway。

アフリカ滞在中にもう一回くらいは利用したいなと思い、

今回のホストにコンタクトを取ってみたのが到着の2日前くらい。

そんな急なお願いだったにも関わらず、

ホストはもうメール内容から歓迎してくれてるのが

分かるほどだったのですぐ行くことを決めました。


今回行ったムグラメノ村は人口3000人ほどが住む小さな村。

ちょっと歩けばザンベジ川というなかなか巨大な川があり、

周りにはサファリありの大自然に囲まれた場所にあります。

あのジンバブエとザンビアの国境にある巨大なビクトリアの滝も

このザンベジ川からのものです。

そんな自然溢れる村で、今回のホストであるアーネストさんが

運営する学校の手伝いや農園の作業、子供たちとの触れ合いなど

1週間ほどやろうと思ってます。

続きは次回へ。では!

ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。