優雅なホテルで惨めな生活を

LINEで送る
Pocket

2015年3月11日から約1年の世界一周の旅へ。
日本→中国→ベトナム→タイ→ラオス→インド→ネパール→インド→UAE→イラン→UAE→タンザニア→ルワンダ→ブルンジ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア

どうも、ひでです。

この記事はザンビアのカティマからルンドゥという

場所への移動中に書いてます。


ジンバブエでの旅を終え、次に向かうはボツワナ。

ジンバブエのビクトリアフォールズから

ナミビア、ボツワナ、ザンビア、ジンバブエ4ヶ国の国境の町

カズングラまではシェアタクシーで向かいます。

1時間ほどの道のりで、相場は10ドルみたいですが、

なんとか値切って5ドルで行けました。

ジンバブエの出国、ボツワナ入国はあっさり。

やはりビザ不要なのはありがたい。

ただボツワナへ入国したわいいけど、

この国境、両替商もタクシーすら居ないという閑散とした場所。

しかたなく隣町のカサネまでヒッチハイクで行こうかなと思い、

数少ない通行車に声かけてみると

数台目のミニバンが乗っけてくれました。

ナミビア人のビクタムさんが。

彼はナミビアの旅行会社で働いていて、

昨日ビクトリアの滝へ観光客を連れていってその帰りだそう。

当初はボツワナのカサネという場所で1泊くらいしてから

ナミビアへ入国しようかなと思ってましたが、

ビクタムさんがナミビアのカティマまで行くということで

それに便乗してそこまで行くことに。

ということでこの日は3カ国間の移動に。

ジンバブエ→ボツワナ→ナミビアと。

ボツワナ、ナミビアはゾウの宝庫みたいで途中の国立公園内には

ゾウが至るところに居すぎて凄かったです。

キリンの写真だけとりました。

IMG_20150929_100521

ボツワナのカサネからナミビアのカティマまでは

2時間弱のドライブでしたが、

ビクタムさんとの会話が弾みあっという間でした。

印象的だったのが、

ナミビアでは今なお一夫多妻制が残っているとのこと。

なんとなく一夫多妻制については知ってましたが、

ナミビアに残っているとは知りませんでした。

ビクタムさんは妻は1人だけで、

多妻制は争いを招くだけどから良くないと言ってました。

基本的に異なる妻やその子どもは他の妻や子どもたちとは仲が悪く、

問題がある場合が多いとか。

まあ確かに仲良くする方が難しいよなと思ったり。

なかなか興味深い話が聞けて良かったです。


そのビクタムさんが連れていってくれたのはカティマ一の高級ホテル。

IMG_20150930_095433

貧乏バックパッカーの自分からしたら縁のない場所。

1泊12000円なり。

当然そんな高い部屋には泊まれません。

こんなとこで果たしてテント泊など出来るのかと疑ってましたが、

どうやら1200円ほどで出来るみたい。

IMG_20150929_162845

何件か他の宿を調べてみても

他はテント泊出来ない場所ばかりだったので

このホテルでテント泊することに。

IMG_20150929_164009

ロビーは広いし、

キャンプサイト内のバスルームはめちゃくちゃ綺麗だし、

ちょいと場違い感はあったけど、遠慮なく使わせて貰います。

ただ1つ問題だったのが、

キャンプサイトにはキッチンがないということ。

てっきりキッチンがあるもんだと思って

この宿に決めたのでちょっとガッカリ。

ホテル内にはレストランはあるけど、

もう見るからに高そうで値段すら見る気になりません。

宿のスタッフにキッチン無いと言われて途方に暮れてると、

スタッフが電気コンロと調理器具一式を貸してくれました。

まさかの対応に申し訳なく思うのと同時に、

さすが高級ホテルのスタッフのホスピタリティは

素晴らしいなと感心してました。

ただこの借りた電気コンロでスパゲティの為に

お湯を沸かそうとしてみるも、

めちゃくちゃ時間がかかる上、電力が弱すぎて沸点まで達せず。

しびれを切らしてフライングでパスタを茹で始めたら、

やはり沸騰してないのでなかなか茹でることが出来ない。

トータル20分近く茹でてましたが、

外はまだしも中側が固いし、粉っぽいしでとても食えるもんじゃない。

とここで救世主が。

隣でキャンプをしていた南アフリカ人の老人たちが

あまりに時間かかってて惨めに思ったのか、

彼らの夕食をおすそ分けしてくれました。

IMG_20150929_205008

チキンに、ソーセージに、ラム肉、サンドイッチそしてヨーグルトと

なかなか豪華なものをくれました。

ほんとパスタのせいで途方に暮れてた最中での出来事やったので、

ほんと感謝してもしきれません。

洗濯する老夫婦
洗濯する老夫婦
干された洗濯もの
干された洗濯もの

彼らは何組かの老夫婦と一緒にキャンプしているようでしたが、

あの歳になってもただ高級ホテルに泊まるのではなく、

ワイワイガヤガヤキャンプを楽しめる、

そんな歳の取り方をしたいなと思わせてくれました。

下着も気にせず干しちゃうその感じ嫌いじゃないです。

ホント感謝。


スタッフや老夫婦のおかげで快適だった

高級ホテルでのテント泊も1日で終えます。

カティマにはサファリ以外特に何も無いので、

西へ向かおうかと思います。

ホテル出発時にも市内へ向かうドイツ人男性二人組が

バスターミナルへ連れていってくれるという

最後までラッキーというか人の優しさに触れた

カティマでの滞在でした。

では!

ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。