ゲイはこわいよ

2015年3月11日から約1年の世界一周の旅へ。
日本→中国→ベトナム→タイ→ラオス→インド→ネパール→インド→UAE→イラン→UAE→タンザニア→ルワンダ→ブルンジ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→レソト→トルコ

どうも、ひでです。

この記事はレソトの首都マセルにて書いています。

当初全くもって行く予定のなかったレソトの旅も

もうそろそろ終わり。

わざわざレソト訪れてホント良かった。

自然は多いし、民族はかっこいいし、人はかなりフレンドリーだし、

ほぼ文句の付け所がないくらい。

今回訪れたアフリカの10カ国の中で1番好きかも。


マレツニャネの滝あるセモンコンを後にして、

向かうはラマバンタという場所。

ここはマレアレアの宿でラマバンタの宿のオーナーが

たまたま休暇できていて少し話して、

もしあれだったらラマバンタにも来なよと誘われたので、

その誘いに乗った感じ。

セモンコンからラマバンタへはヒッチハイクで。

最近レソトではヒッチハイクがなかなか簡単だということに気づいて、

それ以来移動はほとんどヒッチハイク。

ただレソトのドライバーは平気でミニバスと

同じ乗車賃を要求してくるから

いかにタダもしくは格安で連れてってくれる

ドライバーを見つけるかがミソ。

ラマバンタへはピックアップトラックの荷台に乗って移動。

これがちょいとばかり寒かったけども、かなり気持ち良かった。

IMG_20151021_105230IMG_20151021_111841IMG_20151021_100933

標高2500メートル前後の道は見渡す限りにの山で

1人荷台でテンション上がりっぱなし。


無事ラマバンタへ着いたは良いけど、全くもって何にもない。

なんでこんなとこに宿を作ったんだっていうくらい。

村には2つのスーパーがあるのだけど、

片方は中国人の経営するスーパーで

片方はローカルの人が経営するスーパー。

ローカルの方に入って、

ここはアジア人はお断りだからと差別を受けて

一気にラマバンタが嫌いになって、

そこからは村歩きする気にもならずひたすら宿にこもる。

ただこの宿のオーナーもなかなかクセがあってヒヤヒヤもん。

簡単にいうとゲイ疑惑が。

いや疑惑ではなく確定かな。

ちなみに自分は全くもってそっちの気はなく完全なるストレート。

レソトについて自分のiPadの地図を使って質問してる時とか、

たまたまiPadを自分の股に乗せてて、

彼がiPadをスワイプする時になんか自分のちんこを

軽く触れてくるんもんだから。

1回ならまだしも2回くらいやんわり触られて。

ただそのタッチが自然すぎて

ちょっとスワイプに勢いつけすぎちゃっただけだよね、

アクシデントだよなと思いこませることに。

ちなみにこの宿のオーナーは50〜60才くらいのおっちゃん。

ただこの後いくつか出来事があって、

あっこのおっちゃんゲイもしくはバイセクシャルやと確信。

なんだか分かんないけど、急におっちゃんがパンツの話ししだして

俺はボクサーパンツ履いてるんだけど、

君はどんなパンツ履いてるのと?

戸惑いながらも、へっパンツ?

僕はトランクスだけどと適当に答えたら、

どんな感じの?ちょっと見せてよと。

さすがにちょっと引いて、

いや普通のだからとそこで会話は終わらせたけども。

いや〜かなり焦った。

しまいにはラマバンタにある中国人経営のスーパーには

中国製のコンドームしか売ってなくて困っちゃうんだよだって。

自分には小さすぎると。

まあアジア人のサイズは小さいからしょうがないよと適当に流してると、

いきなりそのコンドーム持ってきて自分に見せつけだすからね。

一瞬このコンドーム使って今晩掘られてしまうのかなと

頭をよぎったけども、

いやいや有り得ないとふーんと冷たくあしらいます。

まあこのおっちゃんからのアタックはこんなもんだったけども

内心かなりヒヤヒヤというか引いてたからね。

おっちゃんは嫁さんとかいない様子やったし、

一連の行動から考えるとまあゲイだなとは思う。

まあゲイとかのLGBTに関してはその人の自由だし、

個性の一種やと思うので、特に何とも思わないけども

いざ自分の身に降りかかってくるとなかなか怖いなと。

あっトルコのイスタンブールでカウチサーフィンする予定のホストが

ゲイと公言してるんだけどこちらは大丈夫かしら。

まあ事前に自分はそっちの気はないと公言しといたから

大丈夫かと思いたい。

では!

ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。