キューバに最古して最東端の街バラコア

LINEで送る
Pocket

2015年3月11日から約1年の世界一周の旅へ。
日本→中国→香港→ベトナム→タイ→ラオス→インド→ネパール→インド→UAE→イラン→UAE→タンザニア→ルワンダ→ブルンジ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→レソト→トルコ→ブルガリア→マケドニア→セルビア→コソボ→セルビア→ハンガリー→スロバキア→ポーランド→チェコ→ドイツ→スペイン→イギリス→デンマーク→ドイツ→オランダ→ベルギー→ルクセンブルク→ドイツ→キューバ→メキシコ→ベリーズ→グアテマラ

どうも、ひでです。

この記事はキューバのバラコアにて書いています。

2泊したサンティアゴを後にして次に向かうのは

キューバ最東端の街バラコア。

サンティアゴからはこの日もカミオンを乗り継いで向かうことに。

バラコアまでは直通のカミオンは出ておらず、途中のグアンタナモで

乗り換える必要がある。

グアンタナモ行きのカミオンは30分ちょっと待ったところで出発して

3時間ほどでグアンタナモに到着。

グアンタナモからバラコアまでは色々と時間がかかったけど

それでも1時間半ほどで出発は出来たかな。

カミオンの料金はキューバ人観光客問わず定額なのに

バラコア行きのカミオンに乗るときに、

なぜか通常の20ペソの4倍の80ペソを要求されて、

さもないと乗せないぞという雰囲気まで出してきた。

とりあえず60ペソ払うから勘弁してと言うと了解してくれて、

いざ払うときには他の乗客の目の前だからか

通常の20ペソで大丈夫だった。

こんなこと初めてだったけども、お金を持ってると思われる観光客が

カミオンに乗るとこんなリスクもあるんだと実感。

なんとか出発したはいいけど、

グアンタナモからバラコアまでのカミオンがなかなかハードな道のりで

カミオンはもちろん鉄板タイプでただでさえケツが痛いのに

それに加えて途中からぐねぐねとした山道で、

鉄板から落ちないように体を支えるので必死でかなり疲れた。

3時間半くらいでバラコアに着けたからまだ良かったとは思うけども。


バラコアには結局3泊もしてしまった。

これまでのキューバの都市は時間がなくて

長くても2泊しかしてこなかったけど

カミオンの移動で若干疲れていたのと、

バラコアまでのカミオンで出会ったブラジル人と一緒の宿に泊まっていて、

その際そそのかされて自分も3泊することにしてしまった。

まあゆっくり出来たし悪くない判断だったけどね。

バラコアの郊外には国立公園があったり、

山や川などの自然があったりするけど

バラコアの街自体はそこまで魅力は多くはない。

バラコアの街はキューバにおいて最も古い街らしく

1511年から存在していたとのこと。

なんでもキューバ最初の首都が置かれたのもバラコアらしい。

その歴史ある街並みが市内に残っているかと言われれば

なんとも言えないけどもね。

バラコアの街はかなり小さいから

徒歩でも色んなところを回ることが出来る。

バラコアの小さなメインストリートや

IMG_20151222_161242

バラコア湾の風景だったり

IMG_20151223_100959

眺めの良い丘の上へ登ってみたり。

IMG_20151223_154010

いつも大しけなカリブ海。

IMG_20151222_094951

バラコアも街中には他の都市と同様5〜6ペソと格安の

ピザ屋さんがあるのだけども、

メインストリートにあるピザ屋さんは

これまで食べたキューバのピザの中でダントツで美味しい。

正直に言うとキューバのピザは十分食べれるのだけども

クオリティは決して高くはない。

その中でもここのピザはチーズがトロトロでおいしいし、

ここは一度に大量に作って作り置きしてて

たまに冷めてるやつとかに当たったりするけど

それでも十分にうまい。

3日間でここのピザはを6枚くらい食べたのかな。

それでもトータルで150円ちょっとだからかなり安い。

あとバラコアはカカオの一大生産地だけあって

広場に座っているとチョコの売り子がよく売り込みにくる。 IMG_20151222_163734 一つ5ペソで味も悪くない。


バラコアの街歩きは恥ずかしいくらいかなり薄い内容だけども、

バラコアの街自体はこじんまりとしていて雰囲気も良くて

なかなかおすすめ。

次回はバラコア郊外のプチジャングルへ行った時の話を。

では!

ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。