恐怖の寝台バスと素晴らしきハンピ

2015年3月11日から約1年の世界一周の旅へ。
日本→中国→ベトナム→タイ→ラオス→インド→ネパール→インド

どうも、ひでです。

この記事はハンピにて書いています。

インドを旅した旅人の多くが絶賛するハンピ。

ハンピがやばいという噂はやはり嘘ではなかった。

ハンピ素晴らしいです。すごくいいとこ。


ハンピへはゴアから寝台バスで約10時間かけて来ました。

エアコンなしのスリーパー席で570ルピー。

ゴアからハンピへは多くの人がエアコン付きのスリーパーバスに

1000ルピーぐらい払って来ていますが、

個人的にはエアコンなしでも風が入ってくるので涼しく

1点を除いて、特に問題はありません。

その1つの問題が、

そう小さな体で多くの人間を戦慄へと導くゴキブリです。

スリーパーバスでそれが出るとは思ってもみませんでしたが、

出てしまいました。

出たというのは、バス内の話ではなくて、自分のベッドでです。

インドのスリーパーバスはシートタイプではなく、

半個室のマットが敷かれたところで寝れます。

通路の左側は1人用のベッドで、右側は2人用のベッドといった感じ。

夜の9時頃でしょうか、少し眠くなったのでうたた寝をしていると

頭に一瞬変な感触が。

その時は単なる水滴か何かかなと思ってましたが、

何か様子がおかしい。

その時にはすでに車内が消灯されていたので、

携帯のライトで頭付近を見てみると、いましたゴキブリさんが。

しかもなかなかのビッグサイズが。

消灯中の車内で一人騒ぐわけにもいかないので、

横の窓をあけてなんとか外へ逃がそうとスリッパで叩こうとするも

かすってゴキブリは横ではなく、ベッドの隙間へ落ちてまいました。

1番最悪のケースです。

隙間に落ちてしまったらもうどうしようがありません。

殺すこともできないので、一晩中ゴキブリの恐怖と

闘わないとないといけません。

これではなかなか寝ようにも寝れません。

いつまた出てくるかわからないので。

ただ寝る以外に他に選択肢はないので、

ビビりながらも寝ることに決めました。

隣ではオランダ人カップルが仲良く2人で寝ているのに、

自分はまさかのゴキブリとともに寝るという、なんたる屈辱。

幸いそれ以降ゴキブリは出なかったけど、

もうこの体験はこれ以降味わいたくありません。

別に車内にゴキブリがいるのは全然構わないけど、

さすがに自分のベッドで出るのはやめてほしい。


とまあそんな感じでハンピへ着く前に一悶着あったわけですが、

ハンピに近づくにつれて見えてくる、巨大な奇岩群。

近年人気が急上昇しているハンピは

巨大な奇岩群とヴィジャヤナガル王朝時代の古代遺跡で有名。

初めて自分の目で見るその光景にただただ感嘆。

独り言でやばっ、すげ〜を連発してました。

宿へチェックインした後は、

ハンピの街を一望できるMatanga Hillへ。

IMG_20150713_111549

宿から丘の入り口まで10分くらい、そこから15分くらいかけて

奇岩群でできた丘を登れば頂上にたどり着けます。

そこから見える景色がこれ。

IMG_20150713_104335IMG_20150713_184335

もう絶景以外の何者でもありません。

美しいとかではないけど、自分が見ている景色が凄すぎて

驚くばかりです。

IMG_20150713_142638IMG_20150713_140943IMG_20150714_123627IMG_20150713_131911

なぜこの街にこれだけの膨大な数の巨大な奇岩群があるのか

未だに解明されていないらしいですが、本当に謎です。

自分の頭に浮かんだのが隕石説でしたが、

それもあり得そうなくらいの異様な光景です。

ヴィジャヤナガル王朝がハンピに遺跡を作ったのが500年以上前で、

それらの遺跡が奇岩群に潰されていないということを考えると、

仮に隕石が落ちたのであれば、それは少なくとも500年以上前。

隕石説でなければ、他に考えられるのは地殻変動説くらいかなと。

そっちの方が可能性としては考えられそうだけど、

隕石の方がなんかロマンがあって良いかな。


ハンピの街自体は小さいけれど、旧王朝の首都だけあって

かなりの数の遺跡がハンピ郊外には存在する。

寺院だったり、

IMG_20150713_060035IMG_20150714_124528

旧王朝の遺跡だったり

IMG_20150714_124534

階段井戸だったり。

IMG_20150714_144653

そこまで遺跡が好きではない自分からしたら感動は少なかったけど、

そういうのが好きであればハンピの遺跡群はたまらないだろうなと思う。

ただ自分はマッタンガの丘から日の出と日没と奇岩群を

眺めるだけで、それだけで十分でした。

滞在3日間で3回登ったかな。

ハンピ一番のオススメポイント。

ハンピはゆっくりするには最適な街だと思う。

街自体小さいし、その割に店も揃っているしで言うことなし。

インドで数少ない長く滞在したいなと思う場所でした。

ハンピの後はインドの最終地ムンバイへ向かいます。

では!

ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。