ありがとう中米。お気に入りの国ベスト3と中米屈指の宿2軒を紹介

2015年3月11日から約1年の世界一周の旅へ。
日本→中国→香港→ベトナム→タイ→ラオス→インド→ネパール→インド→UAE→イラン→UAE→タンザニア→ルワンダ→ブルンジ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→レソト→トルコ→ブルガリア→マケドニア→セルビア→コソボ→セルビア→ハンガリー→スロバキア→ポーランド→チェコ→ドイツ→スペイン→イギリス→デンマーク→ドイツ→オランダ→ベルギー→ルクセンブルク→ドイツ→キューバ→メキシコ→ベリーズ→グアテマラ→エルサルバドル→ホンジュラス→ニカラグア→コスタリカ→パナマ→コロンビア

どうも、ひでです。

この記事はパナマシティへ向かうバスの車内にて書いています。


パナマも持って1ヶ月半に及ぶ中米の旅も終わり。

最初のキューバには2週間滞在して、そこからメキシコへ飛んで

グアテマラでスペイン語留学で3週間ほど滞在したあとは

エルサルバドル、ニカラグア、コスタリカ、パナマといった感じで。

最初はグアテマラで1ヶ月みっちりスペイン語勉強して

中米は国際バスであるTICAバスに乗って

一気に移動しようと思っていたけども

地味に中米が面白そうだったのでスペイン語留学を

2週間で切り上げて

そのあとの中米の旅に時間を少し時間をさいたわけだけども

この判断が大正解だった。

正直1ヶ月ちょっとでは全然時間は足りなくて、

有名な観光地だけでなくてローカルな場所もまわりたかったけども

それはまた今度ということで。

ということでそんな中米の旅の中で

個人的にお気に入りの国ベスト3と

あと何気に中米は宿のクオリティが高いところが多くて

その中でも特におすすめしたい宿を2つ紹介しようかなと。


3位:エルサルバドル

サンタアナとサンサルバドルの2都市しか行かなかった

エルサルバドルだけども、その両方ともなかなか面白くて、

もう少し長く滞在したいなと思えた国。

中米の中でも最も国土が小さいけど、人口密度は中米一高くて

そんなエルサルバドルは観光資源は地味に多かったりする。

自分が行ったサンタアナ火山だったり、

IMG_20160121_123844

サンサルバドルの教会群だったり。

IMG_20160122_145433

正直サンサルバドルの教会群はヨーロッパの都市に

劣らないほどの素晴らしさだった。

中米の国はカリブ海や太平洋に面しているため、

どこの国も綺麗なビーチがあるけれども、

意外にもエルサルバドルにも良さげなビーチが多いらしいよ。

あとエルサルバドルは人がかなりフレンドリーだった気がする。

中米の国は基本的にどこもフレンドリーだったけれども、

エルサルバドルの人は世話好きな人が多くて

色々と助けてもらった記憶がある。

2位:ニカラグア

レオン、グラナダ、オメテペ島とまわったニカラグア。

ニカラグアは観光資源が多くて純粋に楽しかった。

旧市街で有名なレオンとグラナダ、

IMG_20160124_102241

ニカラグア湖に浮かぶ火山島であるオメテペ島。

IMG_20160125_171852

どこも予想外に観光客(ほぼ欧米人)は多かったけども、

それも納得の面白さであった。

ニカラグアにも火山はいくつかあるらしく、特にレオンにある

セロネグロ火山とかは人気のアクティビティらしい。

ニカラグアは中米の中でもかなり物価が安くて、

交通費も食費もかなり安くてかなり助かった。

物価が安ければコスタリカとかパナマも

もっとちゃんと観光しようと思えたんだけどね。

1位:キューバ

中米の中での一位はキューバ。

2、3位は若干悩んだけどもこの1位はダントツかなと。

まあ2週間ほどある程度時間をかけて色々なところを

まわれたのが大きいかなとは思う。

キューバ人の人柄なのか全然せかせかしてなくて

街での時間がゆっくりと流れている雰囲気が心地良かった。

何と言ってもキューバの物価の安さは異常。

安くて味はまあまあの物をたらふく食べていた気がする。

キューバ風ピザが1枚30円とかジュース1杯5円とか破格すぎた。

まあいつまでその物価が保たれるかは分からないし、

アメリカと国交を再開したので今後観光客がさらに

どっと訪れるだろうから、

この時期にキューバを訪れることが出来て良かったとは思う。

あとキューバはカサと呼ばれる宿のスタイルが

自分はなかなか好きで、

いわば民泊みたいな形でキューバ人家族の生活を

垣間見ることができて、他の国にはない形で面白かった。


お気に入りの国の次は中米屈指のおすすめ宿の紹介でも。

エルサルバドル/サンタアナ/Hostel Casa Verde Santa Ana

IMG_20160120_170921

ここは設備面では自分がこれまで泊まってきた宿の中でも

ベストなんじゃないかなと思うほどの宿。

1泊10ドルとそこまで安くはないけども、

完璧に整った使いやすいキッチンが2つもあったり、

毎朝挽きたてのコーヒーを飲むことが出来たり、

ドミトリーは2段ベッドではなくてシングルベッドだったりと

ものすごく快適な宿。

一見騒がしそうな宿ではあるけども、

22時以降は騒ぐのが禁止されていたりと

そういったところもきちんとしていて嬉しい配慮。

コスタリカ/サンホセ/TripOn Open House Hostel

IMG_20160129_152559

ここは朝食のクオリティが今までの宿の中で1番。

フルーツはバナナ、マンゴー、パイナップル、パパイヤ、

スイカ、メロンの6種類がほぼ食べ放題で、

パンにシリアル・グラノーラ、アボカドやハムにチーズ

セルフでホットケーキや卵焼きも作れたりする。

普通宿の朝食ってお腹いっぱいまで食べられるところって

少ないけどもこの宿はそんなことなくて

無くなればすぐに追加されてほぼ食べ放題な感じ。

ここも1泊10ドルだけどもそれでも安すぎると感じるほどの

朝食のクオリティ。

部屋もかなり過ごしやすくて文句なしのオススメ宿。


とまあお気に入りの国と宿の紹介はこんな感じですかね。

治安の問題から避けられがちな中米だけども、

魅力的な国と素晴らしい宿を求めて行ってみては如何かなと思う。

もちろん安全には十分配慮した上でね。

パナマからコロンビアへ飛んで、

中米のあとは南米で2ヶ月ほど過ごそうかなと。

自分の世界一周ももう最終章に近づいてきているのかなと思うと

色々思うことはあるけれども、

とりあえず最後まで楽しんでやろうと思います。

では!

ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。